テレビドラマふぁん

出浦昌相が死ぬはずないが霧隠才蔵なら最期もありえる心配な真田丸31話

出浦昌相の死に方は?真田丸の出浦昌相は史実をなぞる?それとも真田十勇士をなぞる?



死ぬはずのない人が死ぬ?「素破は戦では死なぬ、素破が死ぬときは信用を失ったとき」と言っていた出浦が本多忠勝に切られるのか?

スポンサードリンク


真田丸31話で徳川屋敷に潜入した出浦昌相が信幸と鉢合わせしてしまい、一瞬の虚をつかれ本多忠勝に背後から切られてしまいました。


真田丸ではかっこいいと評判でファンが多い出浦昌相ですが心配な展開になりました。


終焉は秀吉一人にして出浦昌相まで終わってほしくないですね。


史実では出浦昌相は関ヶ原の戦いの後まで生き残るはずなのですが裏の世界の人なので心配です。


思わぬ展開に真田信幸も茫然!信幸はこの始末をどうつけるのでしょうか?


出浦昌相が死ぬにしても忍術で生き残るにしても、こんな大事件が真田家と徳川家の間で起こってしまったら後始末が大変です。


北条征伐のときに「秀吉を暗殺する」とか、やつし比べで「秀吉にしびれ薬を盛る」とか物騒なことを言い出して信幸を心配させた出浦ですが、とうとう庇いようのない大事件を起こしてしまいました。


いっそ出浦昌相が死んでくれた方が信幸は後始末がつけやすいかもしれません。


ネタバレ記事追加
やはり出浦昌相は無事では済みませんでした、瀕死の重傷で佐助に真田屋敷まで担ぎ込まれます。出浦昌相が生死不明で心配しましたが、佐助にかくまわれて看病されているので一安心です。


徳川方には間者の正体が真田の忍びと気づかれていないようですが万一にもばれることが無いように隠し通すしかなさそうです。


33話【動乱】では石田三成が徳川屋敷を襲撃しようと試み、34話【挙兵】では反石田派の七武将が石田三成襲撃を計画します。


忍びが活躍する場面がありそうですが出浦昌相の忍びへの復帰は間に合いそうにないですね。出浦から家康暗殺を託された佐助は家康を討とうとするのでしょうか?


出浦が徳川屋敷に潜入したときに徳川家に仕えているはずの服部半蔵が登場しなかったので調べてみると、史実では秀吉の死去より2年ほど前の1596年に亡くなっているのですね、こちらもショックです。

スポンサードリンク


出浦昌相が史実とおりの人生なら


史実では関ヶ原の戦いで真田信幸は徳川方につき以後、真田信之(信幸)は徳川家に仕えます、出浦昌相は真田信之の家来になるはずでした。


徳川秀忠の命で真田家が松代藩に移封されたときに出浦昌相は真田信之にくっついて行き、松代藩では昌相は武者奉行になり78才まで生きるはずです。


ところが出浦昌相が秘密の任務で徳川屋敷に忍び込み徳川家に刃向かったとなるとこの先どうなるのでしょう、史実通りに徳川方につけなくなります。


出浦昌相が真田十勇士の霧隠才蔵なら


今まで真田丸に登場しなかった真田十勇士ですが出浦昌相は十勇士の霧隠才蔵がモデルかもしれないと言われていました。


実は真田十勇士で霧隠才蔵が家康暗殺を企てる話があります。


大坂の陣で真田幸村の命令で霧隠才蔵が家康の本陣に潜入して家康の寝込みを襲います。しかし服部半蔵に阻止されて返り討ちにあい命を落とします。

スポンサードリンク
マシェリ(MACHERiE)はコチラ