テレビドラマふぁん

真田丸32話【応酬】ネタバレ・宴会部長の伊達政宗が登場!五郎八姫との婚姻話で盛り上がる

伊達政宗の娘と徳川家の婚姻話で家康が天下餅に一歩近づきます

ずんだ餅の伊達政宗が久しぶりに登場!


徳川家康は宴会を開いて接待攻勢、天下餅の伊達政宗も取り込んで石田三成との主導権争いで大差をつけました。

スポンサードリンク


秀吉が亡くなったことを知った信繁は急ぎ伏見城に戻りました。


石田三成は朝鮮出兵中の将兵が日本に撤退するまで秀吉の死を秘密にしておくことを提案しました。


そして秀吉の遺体は大きなかめに入れて塩漬けにして伏見城の中に安置することにしました。


秀吉の死によって信繁は馬廻り衆の任を解かれました、「秀頼の馬廻り衆に任じることもできる」という三成に、「三成を助けてやってくれ」と言った秀吉の遺言のこともあって、信繁は三成のそばで働きたいと申し出ました。


徳川家康の動きを警戒した石田三成は信繁をともに連れて、今後の相談をするため前田利家の屋敷を訪れました。


家康の力を抑えるために前田利家の力を借りようとしましたが、利家の余命があまり長くないと感じた三成は他の手立てを考えることにしました。


秀吉の死を察知した家康は急いで秀忠を江戸に戻しました。


そしてまもなく石田三成が伏見城で評定を開いて家康を含む5人の老衆と三成を含む5人の奉行で豊臣家を盛り立てていくことを誓いました。


真田屋敷に信繁が戻ってくると三十郎が現れました、もう一度信繁に仕えられると喜ぶ三十郎ですが、三十郎まで秀吉の死を知っていたことに信繁は驚きました。


家康と三成の間で大名たちを自分の陣営に取り込む多数派工作が激化します。


徳川家康は連日、徳川屋敷に大名たちを集めて宴会を催します、伊達政宗など有力大名が顔をそろえました。


真田信幸も宴会に呼ばれましたが、出席した大名たちのそうそうたる顔ぶれを見て驚くとともにしだいに自分が徳川家に取り込まれてゆくと感じました。

スポンサードリンク


名前は出ませんでしたが婚姻話が持ち上がったのは伊達政宗の娘で五郎八姫です、名前が男みたいなのは男の子が生まれると思い込んでいた政宗が男の名前しか考えておらず女の子が生まれたので後ろに姫をつけたからです


家康の六男の松平忠輝と後に結婚します


家康の動きを見て石田三成も負けじと宴会を催しましたが、集まったのは数人で小早川秀秋や宇喜田秀家など、よく知った顔ぶれだけでした。


三成は自分の陣営を増やそうと躍起になりますが、形勢はしだいに不利になります、三成は信繁が制止するのも聞かずについに暴挙にでます。


秀吉の遺言をやぶり、徳川家と有力大名の間で婚姻話を続々とまとめる家康。


思い余った三成は家康を詰問しますが、秀吉の遺言は亡くなってから効力をもつもので、秀吉はまだ亡くなっていないと屁理屈をこねて逃げてしまいます。


それではと五大老と五奉行を集めて家康を詰問しましたが、家康の貫禄に圧されて頼りの上杉景勝はへたれてしまい、石田三成が矢面に立ちましたが身分の差で負けてしまいました。


石田三成は秀吉の遺体を安置した部屋にこもり、ついに家康を討つ決意をしました。

スポンサードリンク
マシェリ(MACHERiE)はコチラ