テレビドラマふぁん

真田丸でカブトムシ対クワガタムシ(本多忠勝)の戦い 小早川秀秋(金吾)の陣羽織が期待を裏切らない出来です

本多忠勝がクワガタの兜で登場!真田丸で最も強い武将です


初代仮面ライダーの藤岡弘が戦闘スタイルで真田丸33話に登場!

本多忠勝の黒い甲冑姿がまるでクワガタムシ!

小早川秀秋の陣羽織姿がまるで赤いカブト虫!
期待を裏切らない出来です

スポンサードリンク


真田丸33話【動乱】
徳川家康と石田三成の主導権争いがエスカレート、ついに石田三成が徳川屋敷の襲撃を決意しました。


ところが石田三成の襲撃計画は決行前に本多正信にもれてしまいました、家康は味方になってくれそうな大名たちに徳川屋敷を守るように呼びかけました。


これを機会にどこの大名が徳川の味方になるか計ることが出来ると本多正信の発案です。多くの武将が徳川屋敷に集結して三成方は形勢不利になってしまいます。


戦支度で甲冑姿や陣羽織を着て集まった武将たちがカッコイイ


その中でも派手好きで有名な伊達政宗より目立っている武将が二人いました。

・ビシっと黒の甲冑で決めた本多忠勝
・深紅の陣羽織をまとった小早川秀秋

でもこの二人の姿は、なんだかクワガタムシとカブトムシと似ていませんか

↓本多忠勝の黒い甲冑姿が鹿に見えるという方はこちらへどうぞ

鹿角と数珠で本多忠勝が出陣!藤岡弘の甲冑姿は史実なの

本多忠勝を演じる藤岡弘は初代の仮面ライダー


今も子供たちに人気の仮面ライダーシリーズですが、初代の仮面ライダーのモチーフになった昆虫はバッタです。


カッコいい仮面ライダーを演じた藤岡弘が真田丸では徳川家の最強武将の本多忠勝として活躍しています。


袴姿の本多忠勝も格好いいのに、侍の戦闘服とも言うべき甲冑姿に変身した藤岡弘が最高に格好イイ!!

次週、藤岡弘が変身!


大きな数珠を身体に巻き、トゲトゲの2本の角が生えた兜をかぶり、その姿はクワガタ虫のようです。 史実では本多忠勝は自ら切った敵兵を弔うために肩から大きな数珠を下げて戦場に出て戦いました。

そして兜には2本の角!

「あっこいつ鹿だよ」
「シカだよ」

「いや、でもねえ、あれクワガタっぽいよ」
「クワガタムシじゃねえか?」

「 あ、クワガタだ 今、僕はとらえました角を 」 
(真田丸どうでしょう風)

スポンサードリンク


カブト虫と似てる?小早川秀秋(金吾)が派手な赤い陣羽織で登場


史実では関ヶ原の戦いでこの人が豊臣家を裏切って東軍の徳川方についたため西軍が負けてしまいました。


裏切り者の一点だけで歴史に名を残して評価はさんざんな小早川秀秋ですが、この人の陣羽織姿は視聴者の期待を裏切りません。


甲冑の上から赤いマントのような陣羽織を羽織、長い1本の角が伸びた兜をかぶった金吾の姿を見ているとカブトムシに見えてきてジワジワします。


赤い陣羽織は小早川秀秋のトレードマークで真田丸に限らず、戦国時代劇では赤い陣羽織姿は小早川秀秋の定番です。


そして今回の真田丸で採用された小早川秀秋の兜は1本の長い角が生えていて、ひょっとして脚本家の三谷さんはあのゲームを知っているのかもしれませんね。


CAPCOMのテレビゲーム、戦国BASARAシリーズに登場する小早川秀秋がどう見てもカブトムシで話題となりました。


  ↓左が戦国BASARA           ↓右が真田丸



真田丸での小早川秀秋は戦国BASARAほど露骨ではありませんが充分カブトムシに見えてしまいます。


8月21日放送の真田丸33回目【動乱】で始めて登場する、小早川秀秋と本多忠勝と戦闘服が楽しみです、二人の競演に期待しましょう。

スポンサードリンク
マシェリ(MACHERiE)はコチラ