テレビドラマふぁん

真田丸34話【挙兵】直江状が候(そうろう)だらけで腹筋に候

上杉景勝(御屋形様)が本気になられて直江状が大戦の口火を切る


石田三成と徳川家康の主導権争いがエスカレートして家康がついに挙兵

関ヶ原にいたる大戦の発端になったのは「候」だらけの直江状

スポンサードリンク


家康暗殺に失敗した石田三成は謹慎を申し渡されました。


謹慎中の屋敷で石田三成は軍事の文献など重要な書物の整理を始めて信繁を安心させました。


信繁は以前に石田三成が話した、春を妻にすると苦労するぞと言った真意を訊ねました。


大きな戦が近づいていると感じた信繁はきりに上田に帰るように勧めましたが、きりは上田には帰らないでキリスト教に入信するため玉(細川ガラシャ)の所で住むことにしました。


前田利家のはからいで石田三成は謹慎を解かれます、前田利家は福島正則と加藤清正を呼び、石田三成と争わないように釘を刺しましたがその直後に利家は死去しました。


前田利家の死後、加藤清正、福島正則、細川忠興ら七将は石田三成を襲撃する計画を立てます。


玉(細川ガラシャ)のところに身を寄せていたきりが三成襲撃の計画を知り、信繁に知らせました、信繁は石田三成を避難させてました。


大事な書類を守るため信繁は徳川方と目されている信幸に協力を求めて一計を案じました。


信繁と信幸が詰めている三成の屋敷に七将たちが乗り込んできます


徳川家康は会津にいる上杉景勝に謀反の疑いありと上洛を求めますが、上杉は上洛を拒否します。


上杉景勝が徳川家康に謀反を起こす気があっても無くても、呼び出されて大坂に行けば景勝は暗殺されてしまう恐れがありました。


そして反対に挑戦的な文書「直江状」を送り返します、これを読んだ家康が激怒して上杉討伐を決意します。


この直江兼続の直江状は関ヶ原の合戦にいたる口火を切った事件として有名です。

スポンサードリンク


↓NHKの真田丸サイトに直江兼続役、村上新悟さんの直江状朗読の動画5分38秒がありますがすごいですね
直江状朗読の動画5分38秒

※真田丸の放送では現代語風の直江状でした。

~~候 ~候(そうろう)と候だらけです、別のサイトで直江状の全文を探して「候」の数を数えたら123個ありました。


候は今風に言えば文の最後につける(です)見たいなものですが、これだけ候が多いと、そうろうだらけで笑えます。


戦国時代の手紙では候を連発していたのですね。


同じ上杉家のネタで上杉景勝の父親の上杉謙信が書いた手紙で「腹筋に候」(はらすじにそうろう)というのがあります。


現代語で腹筋崩壊www「おかしくてたまらない、お腹が痛い~」って意味です


「戦国関東の覇権戦争 北条VS関東管領・上杉氏55年の戦い」黒田基樹著より


加様に東方の衆にさえ出合い、敗戦せしめ候、増して愚(謙信)の越山に旗をあわすべきか、腹筋に候


現代語訳
このように東方衆に対して合戦して敗軍しているのに、まして私が越山したときに対戦してくるのだとしたら、ひどくおかしいことだ



真田丸34話【挙兵】の放送で直江状の朗読が楽しみです

スポンサードリンク
マシェリ(MACHERiE)はコチラ