テレビドラマふぁん

片桐且元さん頑張った格好良かった真田丸34話【挙兵】

頑張った片桐がかっこいい!家康の身勝手に且元が怒る


真田丸34話【挙兵】で上杉討伐をしようとする徳川家康が豊臣の御旗を要求!


上杉と家康の私闘でしかないのに豊臣の御旗は使わせないと片桐且元が拒絶しました。


片桐且元は温厚でお人よしと見られているから家康は片桐を通じて御旗を手に入れようとしたのですね。

スポンサードリンク


家康は老衆の筆頭である!と凄んで見せましたが御旗は使わせないと片桐且元は頑張りました。


部屋を出た後、片桐且元はお腹を押さえて痛そうにしていましたが、胃薬を差し上げたいです。


豊臣の御旗は前回の真田丸で家康を襲撃するときに石田三成が借り受けようとして断られたいきさつがあり片桐且元も見ていました。


三成に貸せない御旗を老衆の筆頭だからと家康に貸してしまったら道理が通りません。


そもそも上杉景勝が謀反を企てたと言う言い分が家康によるでっち上げで徳川と上杉の権力争いにすぎないのは片桐且元にもわかっています。


元々浅井家の家臣だった片桐且元は浅井長政の娘の茶々(淀殿)に長く仕えています。


温厚な片桐且元でも、徳川家康が自分の利益のために豊臣の名前を使おうとしていることが許せなくて腹に据えかねたのでしょう。


御旗の使用をきっぱりと断ったのは立派でした。

スポンサードリンク


上杉景勝の謀反は濡れ衣で要するに家康が上杉景勝を討ち取りたいだけ、家康の腹の中は上杉景勝と直江兼続にも見抜かれていて、挑戦的な直江状で返ってきました。


直江状の「是非に及ばす候」の意味は、是でも非でもない、事の善悪を論ずる必要な無くなった、話し合いの時は過ぎた、という事


くだけたことを言い方だと「かかって来い!受けて立つ」という事


石田三成が蟄居を申し渡された後に、三成が信繁に「今生の別れだ」と告げたのが印象的でした。


蟄居のまま何もしないでくすぶっているつもりは無く、命がけで家康を討ち取ろうとする強い意志が垣間見えますね。


石田三成と徳川家康の権力争いの行方は石田三成の人望の無さで三成方が圧倒的に不利と思われましたが、


優勢になった徳川家康が我が物顔で勝手な振る舞いをするようになって反感もたまって来たようです。


しだいに石田三成にも支持が集まり始め、毛利輝元を大将に据えて徳川家康を討伐することに、ついに全国の大名を巻き込んで大戦の様相を呈してきました。


家康が上杉討伐を呼びかけ、参加を求められた真田家は出陣を決めましたが、真田昌幸は家康を裏切るつもりだと信繁と信幸に打ち明け同意を取りつけました。


次回の真田丸で信繁が出陣すれば、大谷刑部とも今生の別れです。

スポンサードリンク
マシェリ(MACHERiE)はコチラ