テレビドラマふぁん

真田丸どうでしょう第36回目「桃太郎勝負」 真田昌幸は沼田城へ鬼嫁退治に向かった

真田丸どうでしょう36話「勝負」 もしも真田昌幸が桃太郎の計略で沼田城の乗っ取りを企んだら

真田昌幸は沼田城に鬼嫁退治に向かった

だが、真っ向から戦っては負けてしまう

ではそんな時、どうする?

まず犬を使者に送り、孫に会いたいだけと嘘をつく

鬼嫁が安心したところで城に乗りこみ一気に方を付ける

めでたしめでたし

余談:かつて沼田城には万鬼斎と呼ばれる鬼がいた!

スポンサードリンク


真田丸35話で会津征伐のため集合場所の宇都宮城に向かう、信幸、昌幸、信繁の軍勢


上杉景勝と内通して昌幸は徳川を裏切り家康の本陣を奇襲する計画でしたが、徳川軍と合流する前に石田三成の挙兵の知らせを犬伏の地で知ります。


家康暗殺の計画は狂ってしまい、全国の大名を巻き込んだ大戦の様相を呈してきました。


真田家の生き残りをかけて東軍につくか西軍につくか信幸、昌幸、信繁の3人は激論の末、信幸は東軍の徳川側に、昌幸と信繁は西軍の石田三成側につくことにしました。


信幸と敵味方に分かれたので昌幸と信繁は早々に陣屋を引き払い、戦準備のため急いで上田城に戻ります。


上田に戻る道の途中に信幸が本拠地とする沼田城があり、昌幸と信繁は沼田城に立ち寄ります。沼田城にまだ信幸は戻っていません。


城の留守を守るのは稲姫で昌幸の2人の孫、稲の子の百助とおこうの子の仙千代も城に居ます。


沼田城に立ち寄った真田昌幸は信幸が留守の間に城を奪ってしまおうと考えました。


ここで管理人は真田昌幸が孫の二人に話して聞かせた「黒い桃太郎」の昔話を思い出しました。



賭けてもいい!31話【終焉】で昌幸が話した変な桃太郎の昔話は36話の伏線です。
※結果は管理人のおお外しでした、36話の昌幸がいい人でした、きっと企んでると思ったんですが


犬伏の別れのあとで昌幸が沼田城を奪い取ろうとしたのは有名な逸話ですが、まともに城を攻めても負けてしまいます、そこで昌幸は「桃太郎作戦」を立案


孫に会いたいから城に入れてほしいと願い出て、稲が安心したところで一気に沼田城を奪い取る作戦です。


真田丸36話 勝負 真田昌幸は孫の顔が見たいだけと騙して沼田城を狙う

真田昌幸は沼田城に鬼嫁退治に向かった

だが、真っ向から戦っては負けてしまう

ではそんな時、どうする?

まず犬を使者に送り、孫に会いたいだけと嘘をつく

鬼嫁が安心したところで城に乗りこみ一気に方を付ける

めでたしめでたし

スポンサードリンク


稲姫は沼田城を乗っ取る真田昌幸の計略を見抜いて追い返す


昌幸と信繁の軍勢が沼田の近くまで戻ってきたのを知った稲姫は子供たち(昌幸の孫の百助と仙千代)を連れて沼田城の近くの寺まで会いに行きました。


そこで稲姫は信繁から真田家は徳川方と石田方に分かれて信幸は徳川についた事を知らされました。


稲姫は沼田城へ昌幸たちを迎え入れるふりをして先に城に戻り、城門を閉め戦支度をして沼田城の守りを固めました。


西軍についた昌幸たちの軍勢を城の中に入れたら、夫の信幸が徳川への忠誠心を疑われてしまいます。


さらに昌幸が城の乗っ取りを企んでるかもしれません。


後からやってきた昌幸たちが開門を求めましたが、稲姫は武装して城門の上に立ちはだかり彼らの入城を拒否して追い返しました。


稲姫は昌幸の意図を見抜いていたのかもしれません、昌幸は沼田城の乗っ取りはあきらめて上田に向かいました。


めでたしめでたし


沼田城の逸話 万鬼斎と呼ばれる沼田顕泰のエピソード


片桐且元の沼田解説より
沼田城を築いたのは、上野(こうずけ)の国衆・沼田顕泰(ぬまた あきやす)にございます。
顕泰は上杉に近く、しかし、これが面白いところですが、家中に騒動が起こりまして、なんと家臣が上杉方と北条方、真っ二つに分かれ、その時、騒動を鎮めたのが、上杉謙信ということでございます。


且元の説明に出てくる沼田顕泰が沼田城を築き、後に万鬼斎と名乗ります。沼田氏の内紛ですでに隠居していた万鬼斎は上杉方でした。

1558年
沼田当主となった(正室の子)朝憲が北条氏に接近したため万鬼斎が金子泰清と協力して朝憲を謀殺し、(側室の子)景義を当主にすえようとしました。


金子泰清は側室の兄または父とされています。


しかしこの行動は家臣たちの反発を買い、万鬼斎と平八郎景義は越後に落ち延びます。そして北条出身の沼田康元が沼田城主となります


1560年
上杉謙信が沼田城を落としました。


1578年
北条氏が沼田城を制圧、城代に金子泰清を置く


1580年
真田昌幸が城代の金子泰清を調略して沼田城を開城させました。


平八郎景義が沼田城奪還のために挙兵、昌幸は戦っては勝てないと思い、金子泰清を味方に引き入れ謀略の手伝いをさせました。


金子泰清は沼田城を明け渡すと嘘をついて平八郎景義を城の中におびき寄せ、平八郎景義が城内に入ったところを殺害してしまいました。


こうして真田昌幸は沼田を「騙し取り、掠め取り、勝ち取りました」




スポンサードリンク
マシェリ(MACHERiE)はコチラ