テレビドラマふぁん

真田丸キャスト吉田剛太郎の織田信長がはまり役で光秀を折檻する姿が異様

NHK大河ドラマで変わり者で有名な織田信長が明智光秀を何の理由があってそうそうたる武将の前でせっかんしたのでしょうか


吉田剛太郎(よしだこうたろう)織田信長

スポンサードリンク


織田信長とは 畿無いを中心に協力な中央政権を確立した戦国の武将です
幼名は吉法師と呼ばれました


少年時代より聞こうが目立ち周囲からは「尾張の大うつけ」と称されていました
桶狭間の戦いで今川義元を破り、頭角を現しました



将軍・足利義昭を擁立して京都にはいりましたが、のちに対立して追放し室が幕府を滅ぼしました
天下統一を目前にして家臣の明智光秀の謀反にあって本能寺で自害したとされています


ところがその後焼け跡から信長らしき遺体が見つからない事から謎が深まっています


諏訪の法華寺で、やっとの思いで真田昌幸が織田信長に従う事を誓いました
白い立ち襟のブラウス風の服を来てブーツを履いているので驚きました
元々信長の父親が亡くなるまでずっとうつけ者で通っていた信長



竜のような眼をしてると信繁に言わしめます
真田昌幸はそれまでどんな徳川家康のゆさぶりにも負けずに肝の座った所をみせていましたがあの明智光秀を激しくせっかんしている織田信長の姿をみてしまったら恐れおののいたのではないだろうか



それにしてもやっと真田信繁が安土桃山城へ姉の松を人質として連れて行った後すぐに本能寺の変が起こった模様です

スポンサードリンク
マシェリ(MACHERiE)はコチラ