テレビドラマふぁん

真田丸36回目「勝負」第二次上田合戦

犬伏の別れで昌幸信繁は豊臣側につき、信幸は家康側に分かれました。


昌幸と信繁は徳川秀忠の軍勢を迎え撃つため上田城に向かい、沼田城の近くまで引き返してきました。

スポンサードリンク


沼田城で留守番をしていた稲が子供たち(百助と仙人千代)を連れて近くの寺まで出迎えに行き、昌幸に孫の顔を見せました。


そこで信繁から信幸が徳川側についてことを知らされます、昌幸たちを沼田城に迎えるそぶりをした稲は一足先に沼田城に戻りました。


あとから沼田城へやってきた昌幸と信繁の軍勢は開門を求めましたが、稲姫が城門の上に立ちはだかり門を開けることを拒否しました。


昌幸たちを城に入れてしまったら徳川方に夫の信幸の忠誠心を疑われるかもしれず、昌幸が沼田城の乗っ取りを企んでいるかもしれないからです。


稲に追い返された昌幸たちは沼田城に入ることをあきらめて上田城に向かいました。


一方、信幸は徳川家康の軍勢に合流し、自分は徳川に忠誠を誓うが、昌幸と信繁は離反して豊臣側について事を知らせました。


この話を聞いて、本多正信は信幸を激しく非難し責めたてました、本多忠勝はこのことを静かに受け止めるのでした。そして家康は信幸が徳川方についたことを歓迎したのでした。


上田城についた昌幸と信繁はすぐに戦支度を始めました、後から中仙道を通って徳川秀忠の軍勢がやってきました。


昌幸は徳川秀忠に降伏したいと書状を送りました、秀忠は大喜びしてこれを受け入れ真田が降伏してくるのを待ちましたがまる一日たっても昌幸は降伏しませんでした。


実は昌幸のうそで篭城するためのの時間稼ぎでした。激怒した秀忠は攻撃を開始します。


攻撃の先鋒は信幸が命じられて砥石城の攻略に向かいました。


史実では、徳川の中に信幸が裏切るのではないかと疑う者が多く、重要な上田城攻めには使えないため信幸を砥石城攻めにまわして忠誠を試そうとしたようです。


砥石城に向かった信幸はひそかに信繁と連絡を取りました。信繁は真田同士で相打ちを避けるため、信幸と示し合わせて戦芝居をしながら、信繁は負けたふりをしながら砥石城から撤廃して上田城に向かいました。


信幸は砥石城を攻め落として自らの戦果としてアピールすることで徳川の中で苦しい立場にありましたが居場所を作ることができました。


そしていよいよ秀忠軍の上田城攻めが開始されました。

スポンサードリンク
マシェリ(MACHERiE)はコチラ