テレビドラマふぁん

真田丸【悲痛】本多平八郎忠勝の命乞いが圧巻!今日だけでも6人の生と死が・・

9月18日放送のNHK大河ドラマ真田丸のドラマを支えた人々が次々と一斉に退場へ、徳川家康に死罪だけはと命乞いをするのでした。

b
婿殿まてい!ワシも参って真田安房守の命乞いをしよう!
真田信繁の元では姉の松が父上は戦いに勝ったのだからと楽観しているのでした。

徳川家康に呼ばれた真田信幸が自分の親と弟の死の宣告を受けてたのでした。

あの犬伏の別れでは何があっても命を守ると約束したのでした・・



徳川家康の言葉は? 安房守を助けたいのは山々だが
ここは親子ともども死んでもらう


あいやしばらく!
本多忠勝が叫びます。
真田安房守
それがしに免じてどうかお助けくださいまし!


無理を言うな!平八郎・・・

嫌本多平八郎忠勝一世一代の無理でございます。
これを
婿どもとともに
討ち死に仕る。
平八郎は・・・
本気でござる・



笑いながら
本多平八郎忠勝をじっと見つめる家康でした。
命までは取らぬ・・
渋々本多平八郎忠勝の申し出を受け入れるのでした。



平八郎にそこまで言われたらしかたなかろう
その代わり伊豆守、そなたはこれをもって父親とは縁を切れ!
畏まりました


信幸の「幸」の字は父親からもらったものだったろ?
父昌幸の「幸」の字を受け継ぎました。

家康が迫力のある言葉を吐きます。
捨てろ!


沈黙が流れます・・


かしこまりました
やっとの思いで言うのでした。


かたじけのうございます
涙ながらに信幸が本多平八郎忠勝に礼を述べます。


泣きそうな潰れそうな顔で、本多平八郎忠勝がつぶやく
殿に歯向かったのは生まれて初めてじゃ・・・


スポンサードリンク
真田家では信幸が父親の昌幸に報告します。
お二人の命までは取らぬという事で決着しました。


真田の血が守れます
お二人は・・・
高野山へ流罪と決まりました。


高野山は女人禁制ゆえ麓の九度山に居を構えます

この役立たずめが!
昌幸が怒鳴りますが兄上は力を尽くしてくださりました。
本当は命も無いところと言いたかったのでしょうが、一生懸命になだめる信繁でした。
それは出過ぎた・・・


やっと九度山蟄居を受け入れた真田昌幸は出発にあたり準備をします。


兄上はここに残り城の明け渡しを行います。
松を頼むぞ
と小山田茂誠に頼む昌幸です。


お前には末の父親代わりに頼むぞ
堀田作兵衛です。
末には普通のおなごとして育って欲しい、よいな


身の振り方は自分で決めろ
高梨内記は死ぬまで殿のところにお使えする所存でございます。
いずれ逢える日を楽しみにしてるぞ



出浦昌幸相を見舞う昌幸
明日出発する事を告げる
お主は源三郎に託した

養生するように伝えました。
佐助が出浦昌幸相の耳元に何やらささやきます。


病床の出浦昌幸相
徳川内府の寝首をかけると伝えてくれましたが・・
・ 昌幸は死相がでている出浦昌幸相に解ったとしっかりと手を握るのでした。


一方徳川家康に呼ばれて城へ行くと・・・
何故お前たちの打ち首にしなかったと思うか?
理不尽な思い、さらに膨らませてやる


一切の兵と金と城と今後、戦に出る一切の機会を奪う
1年で帰って来れると夢にも思うでないぞ
10年になろうが、20年になろうがお主は死ぬまでそこにおるのだ


この生き地獄たっぷりと味わうのだ
真田安房守、二度ど遭う事はなかろう


高らかに笑い声を轟かせながら部屋を出ていくのでした。
なんとも憎々しい家康です。


北政所を尋ねる信繁です。 (九度山は)弘法大師さまのご母堂がいらっしたところですね これからは親孝行しやよ 誰もいない寂しいとつぶやく北政所
秀頼公がおられるではないですかと信繁が秀秋公を見て進言すると
北政所があらヤダ、あの子忘れていました。


石田治部は勝っておられた
小早川秀秋が通じていたせいで・・・・
戦に負けたと片桐且元と信繁に囁くのでした。


これより2年後小早川秀秋は謎の死を遂げるのでした・・




次々と大物の最後の様子が飛び込んで来ます。

大谷刑部の最後
大谷吉継の娘である春が信繁に伝えます。
身内だけで馬に乗り山の中を彷徨います
ここで良い・・・
この首くれぐれも敵に渡すな・・・


部屋に突然、石田治部の奥方を
加藤清正が真田信繁の元に連れて来ました。
最後を見届け伝えるようにとの命令を守ったのでした。

天下の大罪人の汚名をかけられ首を跳ねられました。
あの方は豊臣家の事しか考えていませんでした。


狂ったように「あの方は豊臣家の事しか考えていませんでした。」と繰り返すのでした。

悲痛な叫び声でした。


真田昌幸達はその後、紀伊・九度山村の屋敷へ入ったのでした。
信繁達の新しい暮らしが始まろうとしているのでした・・

スポンサードリンク
マシェリ(MACHERiE)はコチラ