テレビドラマふぁん

真田丸あらすじ第1話【船出】

NHK大河ドラマ1月10日放送分のあらすじとネタバレと感想


時は天正10年(1582年)2月 武田家臣の真田源次郎信繁は、織田信長軍勢との戦いの中山中で徳川家康勢の物見と遭遇、慌てて退散する


33年後、この信繁が大阪城の陣で家康勢を自害寸前まで追い込み、日の本一の兵とたたえられる
でもそれはまだ先の話である


真田の主君・武田勝頼は、前線の諏訪上原城で指揮をとっていた戦況は北に上杉、東に北条、西に織田、南に徳川と厳しかったが、その上木曽義昌ら家臣が次々と織田に寝返る この機に織田軍は前進


甲斐の名門である武田氏は最大の危機を迎えているのだった
武田信玄の死から9年ついに織田信長の侵攻を許したのだった

スポンサードリンク


武田勝頼が上原城の大広間で親類衆の小山田信茂や筆頭家老の跡部勝資ら家臣経ちと軍議を開いているとそこに駿河にいたはずのご一門衆筆頭の穴山梅雪が駆けつけてくる



来訪をいぶかしむ跡部と信茂梅雪は「浮足立っているおぬしらに活を入れに舞い戻って来たわ」
穴山梅雪は勝頼に「本拠、新府城に戻り味方の立て直しを」と進言するのだった



勝頼に助言を求められた信繁の父・真田安房守昌幸は「西の守りの要だった木曽が寝返ったということは、ご領地の西側が丸裸になったも同然」と撤退に賛成



木曽は後に自らが必ず討つと宣言する
昌幸は同時に、一足先に新府城に戻るよう長男・源三郎信幸に命じる


昌幸「西も大事だが、南も心配じゃ
そろそろ徳川が駿府口に兵を進めてくる頃だ」



昌幸以下・真田一家は、武田への裏切りを防ぐため、昌幸の妻・薫、母・とりを含め人質として新府城下の真田屋敷で暮らしていた


また長女の松は、武田家臣の小山田茂誠に嫁いでいた
先刻の追っ手から命からがら帰って来た信繁は、信幸に、徳川の物見の件を報告する
勝手に危険なまねをするなととがめる信幸に、信繁は答える



信繁「皆、西の織田勢ばかり気にしているので、南のことが心配になったのです」
信幸は、信繁が父と同じ考えを持っていたことを知り、驚く
そこへ昌幸が帰り、松と夫・茂誠も交えて家族会議となる



木曽家の人質たちが処刑されたことでおびえる昌幸の妻・薫に、昌幸は新府城の頑丈さを語り
ここは安全な場所だと力説する



だが昌幸は、信幸、信繁にだけは反対のことを伝える
昌幸「武田は滅びる、わしはこの城を捨てることにした」
昌幸の変わり身の早さに、兄弟はあぜんとなる



2月14日、48年ぶりに浅間山が噴火、同25日、駿府に戻った梅雪は突如、尾田軍に寝返る
その手引きで、徳川方も武田領内に侵入して来た

スポンサードリンク


絶体絶命の勝頼に、昌幸は新府城を捨てて真田領である上野吾妻郡の岩櫃城に招く岩櫃の守りは鉄壁だという昌幸に、勝頼も一度は同意するのでした



だが、昌幸が去った後、長年の家臣・小山田信茂らに、昌幸の罠かもしれぬと諭され勝頼は信茂の城・岩殿城に行くことに迷う、苦悩の末小田山信茂の言う事に従うのでした



その夜真田屋敷を尋ねます
勝頼は信幸に岩櫃城ではなく岩殿城に向かう事になった事を告げるのでした
勝頼「わしには甲斐を捨てられぬ、父が築いたこの甲斐を・・」


「お前たちはわしに従うことはない、岩櫃へ向かえ、今宵限りで、武田の人質を免ずる」
さらに勝頼は、小山田一門に人質として嫁いだ信幸の姉・松も連れて去れと忠告する



勝頼「武田を思う安房守の言葉に嘘は無かったとわしはしんじておる
わが父、信玄への忠義決して忘れはせぬ、そなたの姉を真田に返すはその証じゃ



信幸と信繁は、勝頼の心遣いに感謝しつつ、先に岩櫃は発った昌幸を追い、家族で旅立つことに
松は岩殿城へ発つ夫・茂誠と別れ、真田家と岩櫃へ向かう



信繁は制する信幸に構わずに考えなおして岩櫃城にいくように勝頼に訴えるのでした
しかし勝頼は信繁をあたたかく見つめて去ろうとします



そんな勝頼に信幸は先ほど武田勝頼から授かった手勢を岩殿城へ連れて行って欲しいと提言します



信幸「御屋形様はまさしく真田の旗印、生き延びていただく事こそがさなだの再起の道、御屋形様を守る物を減らうのは、我らの思いに背きまする


信幸のこの言葉を聞いた勝頼は真田一族との絆を噛み締めながら真田屋敷を去っていくのでした
その背中を見送りながら、真田姉弟は肩をすくめるしかなかったのでした



信幸「御屋形様はおやさしいお方だな」
信繁「やさしくて、そして・・・・哀しいお方です」


道すがら、一行は織田軍の乗っ取りを防ぐため新府城が焼かれているのを見る
城までの3日間、夜盗もはびこる危険な山道を、一家を乗せた、いわば一艘の船”真田丸”は帆を上げて進んでいくのだった


一方、岩殿城に向かう勝頼の軍は、後方より徐々に離反
折りしも、信長の嫡子・信忠が諏訪を制したとの報も入る



そして勝頼を城に呼んだ小山田信茂も勝頼の入城前に木戸を閉め離反する
不本意ながら、涙ながらに小山田信茂の命に従う小山田茂誠、勝頼は家臣たちの思いを悟ったように、元来た道を戻っていくのでした


井楼の上では小山田茂誠が泣いていた・・・

スポンサードリンク
マシェリ(MACHERiE)はコチラ