テレビドラマふぁん

真田丸ネタバレ42話【味方】作兵衛がすえ長く幸せになれと祝言で男泣き

真田丸42話ネタバレ すえの花嫁姿を見届け作兵衛は戦場に向かう


信之と家康は豊臣方を幸村がまとめ上げることを恐れる

すえちゃんが石合十蔵と祝言を挙げるすえ長くお幸せに!

味方はまとまるの?秀頼が総大将に幸村を推すが軍議が紛糾して幸村の提案は

スポンサードリンク


茶々と幸村は14年ぶりに会い、再会を喜び合いました。茶々のそばには織田有楽斎(井上順)が仕えて相談役になっていました。

※有楽斎は織田信長の弟


有楽斎は幸村が大坂城に来てくれて「勝利は間違いなし」とおだてて歓迎しましたが幸村が席を外していなくなると、有楽斎から笑みが消えて抜け目の無い態度で幸村のことを値踏みするのでした。


大坂城に家族を連れて入った幸村のために部屋がいくつも用意されました。


しかし大坂城には多くの浪人が押し寄せて、予想を超えて浪人が集まったためうれしい状態ですが部屋割りに苦労していました。


秀頼から厚遇された幸村は1人部屋を割り当てられ、他にも毛利勝永が1人部屋でしたが、相部屋を割り当てられた後藤又兵衛(哀川翔)から不満が上がっていました。


そこで幸村は部屋割りで苦労している治長に自分の部屋を返上して長宗我部盛親(阿南健治)と相部屋になりました。


徳川家康は幸村が大坂城に入ったことを知り、予定を早めて大坂に向けて出陣しました、これを知った秀忠は大急ぎで出陣の準備をして大坂に向かいました。


関ヶ原の戦いに遅れたことの二の舞を踏むことはできません。秀忠の軍勢の中には真田信吉と真田信政も加わっていました。


佐助が江戸の真田屋敷に手紙を届けて信之が蒼白になっていました。幸村が大坂城に入って軍勢をまとめれば豊臣方は一つにまとまり強敵になると危惧したのでした。


信之は手紙に記された差出人の名前を見て幸村の覚悟を知ります。


佐助は堀田作兵衛の元を訪れて大坂行きを誘いました。幸村は腹心の部下として作兵衛を誘ったのでした。


作兵衛は大坂行きを快諾しましたが、手塩にかけて育ててきた梅の娘のすえの事が気がかりです。


信濃の名主の石合十蔵とすえの婚礼が決まっていましたが、作兵衛は大坂に出立するまえにすえの花嫁姿を見ておきたい。

スポンサードリンク


十蔵とすえに事情を話して予定を一ヶ月早めて仮祝言を行いました。作兵衛はすえの晴れ姿を見て男泣きです。


作兵衛が大坂に行くことが信之にばれてしまいます。徳川に忠誠を示すため信之はしかたなく作兵衛を斬ろうとしますが、腕のしびれが出て切れません。


作兵衛は信之がめこぼししてくれたと受け取り礼を言って立ち去りました。


大坂城では秀頼が幸村に豊臣方の総大将になってくれと発案、幸村は一旦は辞退しましたが秀頼からの期待の大きさが伺えます。


さっそく大坂城で軍議が開かれて、総大将を誰にするか話し合いがおこなわれました。大野治長が軍議を仕切り、殿(秀頼)が総大将に幸村を望んでいると切り出しました。


ところが後藤又兵衛が異議を唱えて反対します。


幸村は自分は徳川を2度破ったとはったりをかまし自薦しましたが、五人衆(幸村、又兵衛、勝永、全登、盛親)の賛否が分かれて幸村を総大将にする案でまとまりません。


幸村は反対意見があるままで自分が総大将になれば豊臣方はまとまって戦えないと判断しました。


そこで幸村は五人衆をそれぞれ大将にして、総大将を秀頼にする案を提案します。これで五人衆のほかの4人も反対意見は無く軍議はまとまりました。

スポンサードリンク
マシェリ(MACHERiE)はコチラ