テレビドラマふぁん

真田丸ネタバレ43話 軍議で意見を言う時には角度が大事 相手の話を聞く

真田丸43話の軍議で後藤又兵衛(哀川翔)と意見が対立


後藤又兵衛役を演じる哀川翔の名言です。
「相手に意見を言う時には角度が大事ってことだよ

どの角度がいいかっていうのは相手の話をきっちり聞くとわかる」

幸村は軍議で城から撃って出て家康に「決戦」を挑む作戦を提案しますが、後藤又兵衛が「籠城」案で猛反対します。

43話では幸村が意見をまとめていく角度や、五人衆たちの話を聞いて想いをくみ取っていく過程に注目です。

スポンサードリンク


大坂城では徳川勢をどのように迎え撃つか方針を決めるため軍議が開かれました。


軍議に参加したのは秀頼、治長、重成、有楽斎と幸村を含む五人衆です。


治長、重成、有楽斎の3人は大蔵卿局の意向で五人衆に主導権を渡すつもりは無く軍議を始める前から大坂城で籠城するつもりでした。


軍議が始まり幸村は籠城しても外からの援軍が望めないため、大坂城から撃って出て戦うことを提案しました。


伏見城を落としてから、そこを拠点に二条城を攻めて家康の首を取り、京に入る手前の橋を壊して秀忠勢の侵攻を遅らせます。


ここまで有利になれば豊臣恩顧の大名たちが徳川方から離れて、豊臣に加勢する大名も出てくるとの読みでした。


負ける気がしないと自信たっぷりに幸村は説明しましたが、話が大きすぎると又兵衛が籠城だと声をあげ、全登と盛親も籠城を主張しました。


幸村はがっかりしましたが、勝永が幸村の案が気に入ったと発言して流れを変えました。秀頼も関心を示したところで有楽斎が一旦休憩を入れようと軍議を中断させました。

スポンサードリンク


休憩時間に幸村は勝永と話しました。勝永は己の力で活躍の機会をつかむため幸村の案にのり家康の首を取るつもりでした。


次に幸村は全登と話して、幸村の案に反対して籠城案を支持すればキリシタンの布教を認めてあげると治長から言い含められたことが判りました。


幸村は豊臣が負けてしまえば望みが消えてしまうので、とにかく勝つことが肝心だと全登を説得します。


同様に盛親は家の再興を助けると治長から約束されていました。


軍議が再開されて全登と盛親が幸村の案に同調します、幸村は熱弁を振るい重成も幸村の案に賛成に回りました。


幸村の説得に又兵衛が胸を打たれて決戦案に回りました。ついにたまりかねた有楽斎が我々の指示に従えと本音を吐きました。


最後に秀頼が籠城はやめて撃って出ようといい軍議は幸村の決戦案で決まりました。


ところが茶々が「籠城しかない」と鶴の一声で軍議で決まった決戦案はひっくり返り籠城に決まってしまいました。

スポンサードリンク
マシェリ(MACHERiE)はコチラ