テレビドラマふぁん

真田丸あらすじ第2話【決断】幾多の困難が・非業の最後を遂げる勝頼

NHK大河ドラマ・1月17日放送分のあらすじと感想とネタバレ・真田昌幸を追って岩櫃城へ向かう真田一行 京都の公家の出で旅慣れぬ薫が疲れて思わず足を止めた隙に、武器を携えた夜盗百姓に囲まれてしまう




機敏な動きで応戦する信幸信繁は薫の行李から反物を取り出し、田に放らせて百姓たちの気をそぐ
だが、別の百姓により信繁が襲われそうになったところ、間一髪、信幸の剣が救い出した

スポンサードリンク


岩櫃で待っていた昌幸のもとに佐助により主君勝頼が岩櫃ではなく岩殿へ向かったとの報を受け


岩殿城は岩櫃城に比べて守りも十分で無い為になぜ、信茂が勝頼を岩殿城へ向かわせたのかが気になったのである
小山田信茂の裏切りを察知する


すぐさま佐助を岩殿城へ探りにいかせた




真田昌幸はすでに武田勝頼は何かをさっしていたのかもしれないと思いあたっていました


昌幸の娘の松が息子と共に真田家にかえされた事がそれを表しているからだ
本来であれば松は夫である小山田茂誠とともに岩殿城に向かうのが筋である


昌幸は武田勝頼の心遣いに感謝の念を抱くのでした


その頃、岩殿を追われた勝頼は、家臣・跡部勝資と甲州・木賊山の山麗・田野村に潜んでいた
いよいよ甲府が織田勢の手に落ちて武田勝頼の行き場はなくなっていた
真田昌幸を信じて岩櫃城へ行けば良かったと後悔する家臣もいたようだが武田勝頼はこれも天命だと開き直り、穏やかな表情を見せる


その場で、織田が甲府を制したことを知るくしくも先祖・武田信満公が追い詰められ自害した山でこの報を受けたことに、勝頼は因縁というもののおもしろさを感じ、ひにくな笑み浮かべるのでした



そして覚悟の自害の寸前、武田勝頼の目に映ったのは・・・
勝頼を迎えに来た武田信玄だった
亡霊なのか勝頼の幻想なのか、黙ってじっと勝頼を見つめる鎧兜の信玄
目は慈愛にあふれていました


「父上さま勝頼が行ったらお叱りください・・・・」
潔い死に方に涙が止まらない


その武田が去った新府城の焼け跡にたたずむ一人の武将がいた、その名は徳川家康
重臣・本多正信を従えやってきた家康は、正信と共に、武田の顛末を嘆き、織田の勃興する未来に不安を覚える



真田家の一行は、夜盗の一件以来、旧武田領がもはや味方ばかりではないことを痛感していた
そこで信繁は、貧しい農民の身なりに変身することを提案みな、顔に泥を塗る入念さだ



そこに信茂から使いの八左衛門が現れ
「皆様を無事に岩櫃までお送りせよと、わが主、小山田出羽守の命を受けました」と告げる




一家は八左衛門に対応するが、信繁だけはいぶかしみ、密かに信幸に伝える
信繁「今は、岩殿城の守りを固める時、わざわざ小山田様が、我らのために兵を割くとは思えません」




織田家の家臣・滝川一益の軍が迫る中、勝頼は跡部勝資の介錯で自害する享年37これにより武田家は滅亡する
不思議な事に岩櫃城では昌幸が武田信玄の幻を見ていた
佐助によって武田勝頼の死が伝えられると、真田昌幸は悔し涙を浮かべ、武田信玄が何を自分に託そうとしたのかを自問するのでした


そしてすぐさま昌幸は、危険が迫っているはずの息子たち一行を迎えるため、兵を出す


徳川の陣屋では、家臣・石川数正の手引きで、家康が穴山梅雪を寝返らせて利用した家康だったが、だからこそ、梅雪には心を許していない、梅雪は織田とも内通している人物だ
そんな二人のようすを正信は遠巻きに見守っていた

スポンサードリンク


山道を行く信繁たちは、八左衛門の道案内に従い進んでいたが、気が付くと方向が異なっていた
信繁が不安を感じたとおり、八左衛門の狙いは真田の生け捕りだった



そうかとわかった瞬間、八左衛門の腕を一本の矢が突く
昌幸が迎えに来たのだ



昌幸と家族は、互いの無事を確認し、安堵する
一方、武田の領地を制した織田勢は進軍 まず甲州・善光寺に入ったのは信長の嫡男・信忠だった


その下座には、武田を離反した小山田信茂がひれ伏し忠誠を誓っていた
しかし信忠は、誰にそそのかされたわけでもなく、進んで主君を裏切った信用ならぬ逆賊として信茂を捕らえるのでした
信茂が連れて行かれた先には、一益が持ち帰った勝頼の首が
木曽義昌も穴山梅雪も織田氏からの調略により織田方に寝返っていたのだった


そのために信忠にすると小田山信茂は武田勝頼の側に使えながら、一時の恐れに負けて主君を見捨てた卑怯者でしかなかったのだった


小田山信茂は、自らが裏切った主君の隣に、首を並べる運命となった

織田信忠の家人に連れて行かれる小田山信茂の姿を見て松の夫・小田山茂誠は恐怖におののくのだった


そんななか、真田家は岩櫃城で軍議を重ねていた 武田亡き後、どの大名につくべきか


一方無事に息子たちを岩櫃城へ迎えいれた昌幸はのぶゆきや家臣経ちと軍議を開いていました
側近・高梨内記が家臣たちにも意見を乞うほど、昌幸は悩んでいた
昌幸は二人の息子に、こよりくじで上杉方か北条方か選ばせようとして、二人はあきれ返る


昌幸が既に両者とも内通していたと知った信繁は
「上杉につくも北条につくも可」と柔軟な考え


対して信幸は、いずれにしても織田家との衝突は避けられぬと異を唱える
結局昌幸の出した結論は、こよりくじ以上に二人を驚かせるものだった


昌幸「どちらにもつかん、織田につくことにする」
おだの脅威からは逃れられない事を悟った昌幸は悩みに悩んだすえ織田氏に属するという決断を下すのでした
真田昌幸はあえて火中に身を当時る道を選んだのでした

スポンサードリンク
マシェリ(MACHERiE)はコチラ