テレビドラマふぁん

真田丸あらすじ第3回目【策略】きりが信繁から櫛を貰ったけれど本命と義理の格差が切ない

信繁からくしを贈られて喜ぶきり、梅が貰った櫛は箱入りの黒光りした高価そうな品、きりのくしは簡単な袋に入れただけで大きな差を見てしまうとつらい

武田が滅亡して旧臣たちが次々と織田勢に討ち取られる中で昌幸があえて織田氏に仕える道を狙っているのでした


昌幸一家は、ひとまず真田の小県に帰ってきた、そして昨日まで敵方だった織田氏につくと昌幸は言い出した


しかし上杉氏や北条氏と長く交渉をしてきた弟の信尹は北条氏との密約もほぼ固まろうとしていたために、なにも織田氏に属さなくてもいいのではないか?と疑問に感じた


その疑問にたいして昌幸は、乗るか反るか信長という男にかけようとしているだとして弟の信尹を労いながらも決断への理解を求めるのでした

結局昌幸の案に昌幸の弟の真田信尹や叔父の矢沢頼綱は賛同しました


弟の信尹はここまで北条、上杉の両者の動きを押さえて来たのは自分だという自負がありました

信繁は父の陰にいながらその手足となってサポートしてくれたうえに、昌幸の背中を押したと聞き

スポンサードリンク


信尹への尊敬の念をことさら強めるのでした

信繁「叔父上は私の鑑とするお方です、私も兄信幸にとって、そんな弟でありたいと思います」


軍議の後に信幸は病床にある妻こうを見舞いました
昌幸は高梨内記と国衆について密談していました


【信幸の妻こうとは?】
真田信幸の妻です
真田幸隆の手斧である信綱の娘です
信幸の従姉妹になります、諸説ありますが、信幸の嫡男である信吉はこうが産んだとする説が有力です



信綱には娘が一人しかいませんでした
長篠の戦いで戦死した信綱亡き後に武田勝頼の命令によって弟の昌幸が真田氏の家督を継ぐ際にこうが信幸に嫁ぐ事になったとい言われています



そんな頃、旧武田軍拠点・高遠城では、家康が織田信忠から命ぜられ、信長を迎える準備を整えていた
壁には生々しい戦の傷跡が残っていたが神経質な信長のため、渋々ながら掃除を指示する家康


そこに家臣の本多忠勝が現れる、家康は、無念の最期を遂げ亡き武田勝頼を手厚く葬ってやろうと提案し家康に武士の情けを感じた本多忠勝は感動するが、家康の本意はそのことを旧武田家臣に知らしめ徳川に人心を集めることにあった


折りしも小山田家の生き残り、松の夫である小山田茂誠が家康と出くわし本多忠勝に切り捨てられそうになった時、家康の「戦いはもう終わった」の一言で茂誠は放免されたのでした


新府で商人から買った櫛を持ちながらそわそわしている信繁

堀田作兵衛の妹・梅に好意を寄せていたが櫛を渡せないで丘の上から梅を見つめるだけでした

そこへやってきた高梨内記の娘・きりがやってきました

信繁はきりに櫛が入った箱を渡して、梅に届けてほしいと頼みましたが、面白くないきりは箱を返して断ります

すると信繁は懐からもう一つ袋を取り出してきりに渡します、それはきりの分の櫛でした

櫛をもらって悪い気はしなかったきりは信繁を強引に梅の前まで引っ張っていき、梅に櫛を渡すように後押しします

梅がもらった箱を開けると、きりがもらったものよりかなり高価そうな櫛がはいっていました


スポンサードリンク


好きな人からもらった贈り物ですが本命と義理の差が切ない

きりは嫉妬でいたたまれなくなりその場を立ち去ろうとしますが、そこへ事件が発生します

作兵衛から真田領の山が蒔を奪いに来る室賀の百姓に荒らされていると聞いた信繁は作兵衛、お梅、きりらと
ともに百姓と応戦


何とか打ち負かし蒔を奪い返すが、その帰途、逃げ疲れた義兄・小山田茂誠と遭遇する
松は離れ離れになっていた夫・茂誠とようやく再会します



真田の屋敷の広間には室賀正武や出浦昌相といった近隣の国衆が集まっていました
国衆が一体である事を信長に示そうとした昌幸は国衆の惣代として信長に会いに行こうとしたのですが室賀は織田氏が自分たちを受け入れる保証はないとして反発するのでした



出浦も勝頼の近くにいながら穴山梅雪や小田山信茂の裏切りにきづかなった真田昌幸の間を信じ切れないという見解をのぞかせる



まもなく信幸は昌幸から上杉景勝宛の手紙を託されるのでした
真田昌幸は上杉氏から味方につくよう説得された密書を受け取っており、それに応じる旨がそこにはしるされているのでした



自分には織田に属すると宣言したばかりの父が、上杉景勝にも繋がろうとする事に信幸は衝撃を受けます
世の中には何があるか解らないとして昌幸は打てる手はうっておくのだと話すのでした



こうして信幸は昌幸から供をするように命じられた佐助とともにすぐに出発するのでした
ところがこの昌幸が上杉氏と通じようとしている事は、室賀にも出浦にも筒抜けだったのです



織田氏を進めておきながら、自分だけは上杉氏につこうという真田昌幸の腹を知った室賀と出浦は真田昌幸の事を食えぬ男と罵り合うのでした



真田昌幸の密書が出発したと知った室賀と出浦は街道で真田信幸と佐助を襲撃しました
信幸から書状を預かった佐助を斬りつけると佐助はその場にくりから血を流して倒れてしまい、書状は室賀たち?の手に渡ったのでした


真田家が上杉氏と繋がっているという証拠をまんまと手に入れた室賀は密書を手土産に信長に会いに行こうとしている


そんな室賀は出浦にに対しておぬしも信長に推挙しておこうと上機嫌な様子を見せるのでした



何も知らされていない信幸は真田家の命運がかかった大事な書状を賊に奪われてしまい、佐助まで死なせてしまった為に真田屋敷に戻るなり、昌幸に深く詫び腹を切ろうとします



所がその時に出浦がやってきて信幸は仰天してしまう
襲撃された時に出浦の顔をみていた信幸は出浦を敵だとばかり思い込んでいたのでした



まさか?で裏は昌幸に依頼されただけの仕掛けにんだったのです
頭のなかが混乱する信幸に昌幸は書状を出裏が奪うように仕向けたのだと告白するのでした



信長にまともにぶつかっては話せるはずもないと思っていたのでした
室賀があの書状を持って必ず信長のもとへ行くと踏んでいた昌幸は、書状を読めば自分の事をほうぼうから声がかかる旨味のある人物に思い信長も味わっていたいと考えるだろうと予測したのでした



全てはそのための布石だったのでした
上杉氏から届いた密書などはじめから無かったのでした



敵を欺く前にまずは見方を欺かなければならないと考えて芝居のできない信幸には真相を知らせなかったのでした



佐助も一芝居打った仕掛け人です
傷ひとつ負っていませんでした、唖然とする信幸


昌幸は、さて信長動で出るか楽しみじゃと言うと
出浦は、真田殿おぬしが信長に賭けたようにわしは真田昌幸に賭けたのだ、信濃の行く末はおぬしにかかっておる、頼んだぞ!


昌幸は心得たと答えるのでした


茂誠は妻の松の家にかくまわれますが、信繁は兄の信幸に今後どうすればよいか相談しようと、信幸と茂誠を引き合わせます

茂誠は小山田信茂が主君を裏切ることになるとは知らなかった、と悔やんでいました
しかし、そんな言い訳は昌幸には通用しないので、茂誠は身を潜めるべきだと信繁が提案します

そのことを信幸にも相談するが、信幸の頭は先刻の動揺でいっぱいでそれどころではなく
茂誠に潔く切腹しとと言い捨てるのでした



翌日、昌幸に信長から召喚状が届きました、昌幸は死を覚悟する思いから、嫡男である信幸に真田家の
行く末を託し、信繁を伴い織田に出向くのでした

スポンサードリンク
マシェリ(MACHERiE)はコチラ