テレビドラマふぁん

真田丸あらすじ第7話【奪回】ばば様の肝っ玉に豪傑な木曽義昌もたじたじ

人質奪回のため小諸城に潜入した信繁、きりが忘れ物を部屋に取りに戻り奪回に失敗、身柄を木曽義昌に引き渡されるがババ様を見つけて豪傑の顔色が変わる


天正10年(1582年)6月18日神流川の戦いで北条氏直と戦った滝川一益は敗北して箕輪城まで撤退しました


スポンサードリンク


昌幸はこれを機に沼田城を奪還するが、とりときりは一益に連れて行かれた後でした


叔父の矢沢頼綱に沼田をまかせて信幸は岩櫃を奪還するため、昌幸と信繁はとりを連れ戻すために箕輪に急ぎました


箕輪城で一益と会った昌幸は、上杉と戦っていたので加勢できなかったが、今後は一益と共に戦うと一芝居打ちました


すでに意気消沈していた一益は、沼田も岩櫃も真田に返して自分は伊勢まで戻ると返した。
一応、念のため信濃を出るまでは人質のとりを預かるということでした


昌幸は「もう少し待っていればよかった」と拍子抜けしましたが、二枚舌はすぐに滝川一益にばれると思い直し、とりらの奪回を急ぐことにしました



まず信繁が探りをいれて城内に二人がいることを確かめ、一益一行をつけて小諸城で一泊した機会に二人を奪い返すように信繁に指示をだしました

信繁と三十郎は小諸城に忍び込みました


城内は小諸の兵と滝川一益の兵が入り乱れた状態だったので、信繁はこれを利用して、一益の兵には小諸の兵のように振る舞い、小諸の兵の前では滝川一益の兵であると見せかけて城の奥に進んだ


ようやくとりの部屋を見つけるが「大事なもの忘れた」ときりが櫛を取りに戻り手間取っているうちに正体がばれてしまい、滝川一益側に捕まってしまいました

スポンサードリンク


この櫛は信繁からきりへの贈り物
信繁に恋心をいだくきりは櫛を大切に持っていたんですね
でも櫛を取りに戻ったがために城からの脱出に失敗してしまいます


昌幸にウソばかりつかれて人質まで奪い返しにきたことから、もはや真田は信じることはできないと滝川一益は人質を伊勢まで連行しようとしました


ところが滝川一益の一行自体が信濃の西側を治める国衆・木曽義昌の妨害にあって足止めされてしまいました


織田一門の後継者を決める清洲会議に間に合いたい滝川一益は、木曽義昌と直接交渉するため福島城を訪れました


滝川一益は信濃の地を通してもらうかわりに真田の人質を譲ることを提案しました


木曽義昌は武田から織田に寝返ったときに、自らの人質を殺されていたため武田勢である真田のことも恨んでいました


木曽義昌は提案にのり滝川一益はようやく信濃を出ることができましたが、結局、清洲会議に間に合いませんでした


今度は木曽義昌の人質として福島城に送られた、とり、きり、信繁、三十郎
救いにきたはずが自分も捕まってしまったことを信繁はとりに詫びるが、とりは反対に周囲をはげました


とり「おちつきなさい、なんとかなります」


木曽義昌はガタイのでかい豪傑で人質との顔合わせで信濃の覇者になると大見得を切るが
人質のなかにババ様(とり)を見つけると顔がこわばる

木曽義昌はババ様の前では借りてきたネコのようになってしまい普段とは別人のようです

木曽義昌を幼いころからよく知るとりは、自分以外の者を開放するよう迫り、交渉に成功しました


木曽なら自分を悪く扱わないはずだととりに諭され、信繁はきりと三十郎を連れて真田に戻りました


真田の屋敷で密談を交わす昌幸と出浦昌相、室賀正武が北条についてしまったことを受けて、懇意の出浦にもあえて北条についてもらい様子を探ってほしいと昌幸は依頼しました


その一方で真田昌幸は上杉景勝に会いにいきました


梅津城で上杉景勝と対面して、真田は上杉につくと宣言しました


上杉景勝は共に北条と戦い、信濃を守ろうとこれを引き受けました


真田に戻ってきた信繁にたいして昌幸は、とりを救えなかったのは真田信繁が勘に頼りすぎるからで、経験に頼る真田信幸と正反対だと叱り付けました


昌幸「源三郎と源次郎、あわせて一つじゃ」


今度は弟・真田信尹の待つ上杉の梅津城に行くうように信繁に命じました
春日信達を調略して上杉を寝返らせるためでした

スポンサードリンク
マシェリ(MACHERiE)はコチラ