テレビドラマふぁん

真田丸あらすじ第8話【調略】罠に嵌めてだまし討ち哀れ春日信達(かすがのぶたつ)は磔に

春日信龍を調略する大仕事に挑む真田信繁と叔父の真田信尹(さなだ のぶただ)、信繁が尊敬していた信尹はおれのようにはなるなとつぶやく苦労の末に春日信達を取り込むや恐ろしいことが・・・

北条は上野から滝川一益を追い出し、旧武田領に攻め入りました
一方岡崎城では徳川家康と家臣の本多正信は北条の次の動きを読み、


正信は北条が信濃から北上し越後で上杉と戦うだろうから、その隙に徳川は甲斐と信濃を攻略すべしと家康に進言しました


真田昌幸の密名で信繁は上杉の梅津城にはいり、叔父の信尹(のぶただ)と合流した


スポンサードリンク


調略の標的は春日信達(かすがのぶたつ)
信達の父は武田家重臣の高坂弾正、春日信達は武田家が滅亡してしまったため、織田家につき、
その後で上杉配下に鞍替えしたが上杉景勝から今ひとつ信用されていないためか春日信達は上杉の処遇に不満を持っていました


信尹(のぶただ)は春日が武田家と縁が深い武将だから景勝は心を許していないのだ、北条側についてはどうかと勧誘した


その上で真田家が北条側に寝返ったと伝え、春日にも北条側につくように迫ったが
春日信達は信尹(のぶただ)の話を聞かなかったことにして去ってしまいました


同席していた信繁は春日が寝返るとは思えなかったが真田信尹はもう一押しで調略できると手ごたえを感じていました


春日にその気がないなら同意したふりをして上杉景勝に密告するはずなのに、調略の話を聞かなかったことにしたからです


そのころ真田昌幸は信尹(のぶただ)と信繁の春日調略の結果を待っていたが、北条が小諸城で戦支度を整え、いよいよ川中島に兵を進めようとしていました


信尹(のぶただ)と信繁が春日調略に手こずっているため、待てなくなった昌幸は北条氏直に会いに行くことを決心しました


一方、何も知らされていない岩櫃城の信幸は上杉加勢の準備をしていましたが、昌幸が北条についたと知らされて唖然としてしまいました


小諸城に到着して真田昌幸は北条氏直と面会しました、昌幸は氏直に春日の調略に成功したと既成事実として報告しました


ところが氏直は春日の助けを借りなくても上杉を蹴散らしてみせると豪語し昌幸の申し出を断ってしまいました


そこへ、氏直の父・氏政と側近の板部岡江雪斎が現れ、昌幸を迎え入れる


これを好機と見て昌幸は合戦で勝利した暁には春日に梅津城を与えてくださるよう願い出て一筆したためてほしいと願い出て氏政はこれを承認しました


北条軍は上野や信濃の国衆を加えて3万近い大軍となって進軍を開始しました、対する上杉軍は7千の軍勢で梅津城に本陣を構えました


ほどなく真田昌幸が北条側についた知らせが景勝の耳に入ってしまい、景勝は激怒しました


信尹(のぶただ)は兄・昌幸には愛想が尽きた、息子の信春とともに越後に骨をうずめる覚悟だと弁明に努めました


上杉景勝は真田信尹(さなだ のぶただ)のことをすっかり信用しましたが、家臣の直江兼続は疑いの眼差しのままで、そのため信尹(のぶただ)は春日の調略を急ぐのでした


人気のない納戸に春日信達を連れ込み北条氏政がこの戦に勝てば春日に梅津城を返すと言っていることを告げました


上杉氏の下でどんなに働いても城代止まりだと、北条氏と共に戦い父親ゆかりの梅津城を取り戻せとそそのかし、ついに春日信達の調略に成功しました。


決戦のときが来て、北条軍と上杉軍は千曲川を挟んで対峙しました


北条側の軍議で北条側が攻撃を開始したのを合図に梅津城から春日軍が討って出て上杉勢を挟み撃ちにする策を確認しました


ところが、当初7千ほどと予想されていた上杉勢が2万を超える大軍との目撃情報が地元漁師から伝えられました

スポンサードリンク


じつはその漁師は変装した佐助でした
北条氏直もそばにいた室賀正武も気が付かず、情報を信じ込んで浮き足立ちました
さらに千曲川の対岸に春日信達が磔にされて晒されました


昌幸は呆然としながらも春日の裏切りが上杉にばれてしまったのかもしれないと弁明しました


徳川家康が甲斐にはいったとの知らせも届き、上杉攻略に手こずっているうちに甲斐を取られる恐れがあると北条氏直は撤退を決断しました


撤退のしんがりを真田昌幸に任せて氏直は去って行きました


室賀正武は、遅参した上に春日の調略にも失敗した昌幸のことをせせら笑うが、実は信濃から北条を追い出すための昌幸と信尹の謀略だったのです


そのころ、上杉領内では新発田重家が反乱を起こして乱の鎮圧のために上杉勢も越後に戻っていきました


真田家は北条とも上杉とも戦わずに信濃を守ることができました、梅津城から真田屋敷に戻る道中、信繁は浮かぬ顔です


北条氏直が書いた起請文が昌幸から届くとすぐに、真田信尹が春日信達を殺してしまったからです


そして死体に起請文を握らせ北条と内通していた証拠として濡れ衣を着せて景勝に訴えました、それで景勝は見せしめのため、春日を磔にしたのでした


真田屋敷に戻った昌幸は、二人の息子、信幸と信繁を呼び寄せました


上杉とも北条とも戦いを避け周囲の大国を信濃から退けた昌幸は謀略のからくりを話し始めました


無実の春日を罠にかけ殺してしまう血も涙もない父・昌幸の所業に強い反発を覚えた信繁

信繁「おれはあの人たちが恐ろしい」

しかし昌幸はさらに先を見据えていました


昌幸は信濃を国衆とともに治める自治国家のようにしたいと考えていました


そのころ、北条と戦うはめになった徳川家康は、すべて昌幸が仕組んだ謀略だったのでは?と疑いをいだいていました
(さすがラスボスは敵の力量をはかるのが早いですね)


スポンサードリンク
マシェリ(MACHERiE)はコチラ