テレビドラマふぁん

真田丸あらすじ第9話【駆引】室賀正武がノリノリで働く後が怖い

室賀正武と昌幸が手を組んだ腹を割って話せば通じるものだけど舌の根の乾かぬうちにもう少し黙ってようか


上杉景勝は謀反を起こした新発田重家を制圧したら、すぐに北条を討とうと考えていましたが、


今は足元を固める時、と家臣の直江兼続が進言、表面上は同盟を通していた真田信尹が陰で昌幸と内通して裏切っているのではないかと直江兼続から疑われていましたが真相が暴かれる直前に真田信尹は城を抜け出しました



北条氏直の軍は甲府で家康軍を包囲していた、形勢不利で焦っていた家康は新府城で立て直しにやっきになっていました



家臣の本多正信は信濃の真田の力を借りることを提案するのでした

スポンサードリンク


一方、昌幸のもとには北条氏から徳川攻めに参陣するように命じた書状が届いていました



真田昌幸は、上杉氏が信濃に攻めてくる不穏な動きがあると虚報を返して徳川攻めには参加できないと時間を稼いでいました


真田真幸が信濃国衆をまとめて寄り合い国家を作ろうと出浦昌相に打ち明け、室賀正武との橋渡しを依頼しました


昌幸は信繁を置いて室賀の説得に向かいました


同行するのは出浦、信幸、高梨内記、いつもは昌幸に異論を唱える室賀ですが、今回は乗り気です


室賀正武も上杉氏、北条氏、徳川氏に領地を取られてしまうより真田と組んで国衆とこの地を治めたほうがましと考えていました

一方、室賀の説得の場から外された信繁を、父の高梨内記からうながされて、きりが慰めようとしました


きりは信繁と一緒に饅頭を食べようと誘いましたが
気の無い信繁はきりのそばから立ち去ってしまいます

こんな時に信繁が会いたい相手は梅でした、梅は信繁の話を聞いて、昌幸の真意は人の命を損なわずに勝つためではと語ります


慰められた信繁は「お前はなくてはならぬ人だ」と梅に告げます

スポンサードリンク


その夜に信繁が居室に戻ると壁に饅頭が張り付いているのを発見します

昼に、きりが饅頭を壁に叩き付けたのでした

後日に、きりはあらためて饅頭を持参して信繁の部屋を訪れ信繁を慰めようとしますが

昨夕に信繁が梅のところへ行って、彼女の言葉で立ち直れたことを知ります

さらにきりの本心に気がつかない信繁は心無い言葉を発し、
腹を立てたきりは再び饅頭を投げつけて、、、、



出浦は真田昌幸に独り立ちして大名になるべきだと説いた、そんな時に徳川家康から真田家と手を結びたいと書状が届きました



このことをきっかけに家康を利用して真田家が大名となって信濃上野を治めようと目標を掲げました
国衆の寄り合いの話をあっさり反故にする昌幸に、信幸は呆れてしまいます

弟の真田信尹を家康との交渉役として新府城に派遣しました、真田信尹は真田家が徳川方に加勢する条件として諏訪の領地と甲斐の所領、そして上野の沼田領を真田家のものと認めるよう約束を取り付けました



この沼田領安堵こそがのちに「沼田領安堵問題」として家康と昌幸の間で大きな亀裂を生む原因となりました


真田家が徳川方についたことがきっかけになり、小県の国衆たちは続々と北条から離れ徳川方について、そして真田昌幸は室賀や出浦の同席のもと軍議が開かれました


軍議では多くの者は重要拠点の内山城を押さえて信濃への攻め口を塞ぐ定石通りの作戦を支持しましたが


そんな中で真田信繁は内山城で戦えば激戦となり、多くの味方が死にたとえ勝っても意味が無いと反対した信繁は兵糧攻めを提案、碓氷峠から小諸を通る補給線を叩いて封鎖すれば、食料や武具が届かずに北条軍は飢えるはずだと考えていました


この作戦は見事に当り、ほどなく形勢は逆転し徳川軍が優勢になりました
ところが、戦略の見直しを迫られた北条氏政は徳川家康に和睦をもちかけました


数の上では劣勢の家康も和睦に応じたことで、信濃・上野は徳川と北条で分割することになったしまいます


昌幸は和平の報を効いて愕然しました、「真田の立場はどうなるのだ」

スポンサードリンク
マシェリ(MACHERiE)はコチラ