テレビドラマふぁん

真田丸あらすじ第11話【祝言】本当は怖かった!信繁の結婚式に室賀が招かれた理由

祝言(結婚式)は無理かもと半ば諦めていた信繁、多くの障害を乗り越えて開かれた今日はめでたい祝言の日、真田家と犬猿の仲の室賀正武も招かれていて、父昌幸がまさか暗殺の返り討ちを計画しているとも知らず・・・


沼田領を頑として明け渡さない真田氏に徳川家康は困り果てていました
そこで真田をライバル視していた室賀正武を呼び出しました


上田城築城の際に真田が城を預かると記された証文を見せて、真田が信濃を独占しようとしていると室賀の危機感を煽りました

スポンサードリンク


さらに、家臣の本多正信が昌幸を討つようにそそのかします、この徳川の不穏な動きは城内にいる真田信尹にも漏れてきました


真田家では、信繁が祝言(結婚式)の話を進めていました
家の格式の違いから梅は側室として迎える予定でした(側室は通常祝言をしません)


しかし信繁はあえて祝言を敢行するつもりでした、子供も生まれると聞き、昌幸、信幸、ばばさまのとりには祝福してもらえましたが母・薫が猛反対、出身地の京都から信繁の結婚相手を選びたかったのです



昌幸はせめて祝言(結婚式)しないことを落としどころに話をすすめようとします、信繁は納得がいきませんが、梅がそれでもよいといい承知することになりました



上田城が完成して室賀正武が偵察がてら訪ねてきます、同じ国衆だった出浦昌相が出迎えて「真田の家来になった」ことを聞いて衝撃を受けます


真田信尹から室賀正武と徳川家康の不穏な動きを聞いていた真田昌幸は真田信幸を通して探りをいれ密通を確信します、出浦昌相はさらに室賀正武が昌幸の暗殺を企んでいることを見抜きなんと返り討ちにすることを提案しました



ならばと昌幸は取りやめたはずの信繁の祝言を行うことにし、室賀正武を招いて一気に決着をつけようと目論見ました、幸せにひたる信繁を気遣い信幸は、この件は信繁に秘密にするように昌幸に頼みました



そして迎えた祝言の当日、昌幸と信幸は信繁には内緒で暗殺の返り討ち作戦を綿密に計画していました、信幸は信繁に惨事を見られないように、

スポンサードリンク


信繁を婚礼の間から出さないように妻のこうに言い聞かせました
そして(病身の)こうが踊りを披露して信繁を引き止めている間に
信幸の妻おこうの踊る雁金踊りとは?祝言の席で信繁も梅も大喜び
昌幸は碁を口実に室賀を別室に誘い出しました


昌幸は碁を打ちながら室賀が懐刀を隠し持っていることを指摘し、室賀が連れてきた従者は切り捨てたことを伝え、昌幸は室賀に負けを認めて家来になるように促します


碁に勝った室賀は懐から小刀を取り出し碁盤の上に置いて帰ろうとしますが、昌幸の後ろに回りこんだ室賀はゆっくりと腰をかがめて昌幸の耳元でつぶやきます 


室賀「おぬしの家来にはならぬ」室賀は足元に隠し持っていた小刀をつかむが、一瞬早く隠れ部屋から飛び出した出浦が室賀を背中から刺しました、そして内記、昌幸が切りつけて室賀はとどめ刺されます


きりは目の前の光景に呆然となりました、きりに連れてこられて室賀の亡骸を目にした信繁は昌幸が祝言を許した理由に気づきました


きりは昌幸が祝言を許した意図をしり、これでは梅がかわいそうだと泣きながら周囲に訴えます


昌幸は、自分が命じたことだと打ち明け、真田が大名になるためには室賀がいては困るのだと言い訳します


室賀の亡骸を眺めながら、これで小県は一つにまとまることができる、信繁は理解していました、祝言の目的が暗殺計画だったとこを知り、父の策を見抜けなかったことを悔しく思いましたが不思議と怒りは沸いてきませんでした


信繁は兄の信幸に、梅のために怒れなかった自分を恥じると心の内を打ち明けました、信幸は悩みながらも前へ進んでいくしかないと声をかけるのでした

スポンサードリンク
マシェリ(MACHERiE)はコチラ