テレビドラマふぁん

真田丸あらすじ12話【人質】肉焦がし骨焼く鉄火起請(てっかぎしょう)はカイジの焼き土下座を彷彿

本来できるはずが無いのだ…本当に無事ではすまないという気持ちで胸がいっぱいなら……どこであれヤケドができる…たとえそれが肉焦がし骨焼く神判の上でも……鉄火起請を強制された漁師を信繁が機転で助ける…それでこそ正義というもの


越後に来た信繁は上杉領が戦乱で疲弊した様子に驚く
漁業権で争う領民の判決を景勝がほったらかしに
奉行がついに鉄火起請で決着をつけるといいだした

スポンサードリンク


室賀正武を制して真田氏は信州小県を平定しました
上田城に移り住み、その本丸で信繁は祝言のときのきりに感謝します
きりが自分(信繁)の気持ちを代弁してくれたからです


室賀の謀略が失敗に終わり、家康は本多正信と対策を練っていました、家康は真田が上杉方に寝返るのではと懸念して甲府に挙兵して警戒することになりました


その徳川方の動きを受け、真田昌幸は早急に上杉と手を組もうとします
しかし上杉景勝はまだ真田のことを信用しておらず人質として信繁を指名しました


信繁は第一子の誕生を待たずに上杉に向かうことになりました
父・昌幸の手のひら返しや二枚舌にうんざりしていた信繁は上杉に行くことに同意します


信繁は義の人である上杉景勝が嫌いではありませんでした
新婚早々取り残される梅をきりが慰めますが、祝言の前に妊娠したと言っていたのは信繁から求婚させるための方便でしたと告白してきりを唖然とさせます


三十郎を従えて春日野城にやってきた信繁は上杉景勝から歓待を受けます
本当に昌幸が息子の信繁を差し出すかどうか昌幸の腹を探っていたのでした



景勝側は直江兼続が昌幸に沼田城を渡すように文を出していました
この難題を受けるわけにはいかないので人質の信繁に交渉を一任していました


信繁が景勝に兼続の要求を取り下げるように依頼すると、あっさり景勝は快諾しましたがこれは景勝が日常的におこなっている「安請け合い」でした


ある日、治兵衛と又吉が役人と揉めているところを目撃します、理由を聞くと漁業権の裁定を景勝に依頼したのに3ヶ月たっても一向に判決がされないとのこと


治兵衛たちの件と同様に信繁が景勝に依頼した沼田城の件も兼続の耳に届いていませんでした


しばらくして、春日山城から信繁とともに直江津の港を眺めていた景勝は謙信の時代のように、発展していた昔の姿を取り戻し復興させたいと景勝は信繁に夢を語りました


ある日直江津港に景勝の供をして付いていった信繁は神社の前で漁師たちがもめているのを目撃します

スポンサードリンク


漁の優先権をめぐって治兵衛と又吉が争っていました
景勝は放っておこうしますが、信繁が様子を見に行ってしまったので景勝は頭巾で顔を隠して信繁に同行しました


漁師たちは鉄火起請で揉め事の決着をつけようとしていました


鉄火起請とは
戦国時代から江戸時代の初期まで行われていた裁判方法の一つです


神の判定を仰ぐため意見の異なる2者が焼きただれた鉄の棒を持って、所定の場所まで手で運ぶごとが出来たほうが主張が正しいとする


負けたほうは神をたぶらかしたとして処刑されました


準備が整い奉行は北浜の治兵衛に真っ赤に焼けた鉄棒をつかむように促しました
治兵衛がしり込みしていると
こんな方法では解決は得られないと信繁が止めに入りました


信繁は奉行と自分の意見が合わないから、まずどちらが正しいか自分と奉行で鉄火起請を行い、どちらが正しいか決めるべきだと言いました


三十郎に支度をさせます、火の前に立つ信繁の気迫にひるんだ奉行は鉄火起請ではなく話し合いで決めたほうがよいと言い出します


景勝も頭巾を外して皆の中に進み出ました、そして争いごとの根っこにあるのは漁師たちの暮らしぶりから目を背けていた自分のせいだと反省しました


信繁とともに知恵を出し合い浜の区分について決着を付けるのでした


真田丸では信繁が止めましたがこちらでは鉄火起請やってしまいました
NHK「タイムスクープハンター仰天裁判 鉄火つかみ」あらすじ


そのころ上田城では梅が女の子を出産していた
信繁の最初の子供で名前は「すえ」とつけられました


その後、景勝は領民の治世を気にかけるようになり、民たちの争いごとや揉め事の仲裁に積極的に取り組み多忙を極めました


上杉景勝は真田氏と手を組むことを決断します景勝は真田氏を守る起請文を送り小県と沼田を真田の領地と認めました


真田昌幸から手切れの書状を受け取った徳川家康は天正13年(1585)鳥居元忠率いる徳川軍を上田城に進軍させました。


真田信繁は上杉景勝の信用を得て人質から解放されました、そして信繁は上杉からの加勢を得て徳川軍との合戦のため梅津城に急ぎます

スポンサードリンク
マシェリ(MACHERiE)はコチラ