テレビドラマふぁん

出浦昌相(いでうらまさすけ)とはスッパの親分だった寺島進さんはまり役です

【真田丸】出浦盛清(もりきよ)本名はまさすけとか幸久(ゆきひさ)とも言われています、甲州の忍者透破(すっぱ)を統率いたのでした


ドラマ真田丸では室賀と対立します
いつも昌幸に好意的に見られます


スポンサードリンク


武田氏滅亡後には織田信長の森長可に属していました
本能寺の変の後に海津城から長可が撤退をしていった際には長可配下の信濃国衆達はほぼほぼ善意が長可を裏切りました


所がこの出浦昌相(いでうらまさすけ)は撤退に強力した為に長可に深く感謝される

出浦昌相(いでうらまさすけ)と別れの時には脇差しを与えたと伝わります



その後には1583年からは真田昌幸と真田信幸に仕えました
小県武石村に30貫文拝領しました
吾妻奉行を拝命したのでした


1590年(天正18年)には豊臣秀吉の関東平定においては真田軍として北条方が守っている忍城攻めで活躍をしました
松代藩でも忍者の頭領になって忍者奉行になりました


関ヶ原の合戦後には上州吾妻群に住んで1623年(元和9年)に78歳で亡くなりました
その後息子の出浦幸吉は松代藩にて1000石を領する家老になったのでした


NHK大河ドラマでは真田とライバルに成っても良い位の人物と見受けられますが、いつも真田と手を組んで室賀を出し抜き、忠義心のある誠実な人物像が伺えます
とにかく忍(しのび)ぽいしぐさや忍者を思わせる風格がカッコイイのです

スポンサードリンク
マシェリ(MACHERiE)はコチラ