テレビドラマふぁん

大河ドラマ・メイキングオブ真田丸・3Dマップやメインテーマ大河史上初とは?

さまざまな才能が結集して真田信繁と一族の激動の生涯を描いていく、熱き思いを胸に総力をあげておくる大河ドラマ・2次元的な地図が「信長の野望」に似てると評判です

2016年1月10日より大河ドラマ「真田丸」がスタートします
真田家が新府城(しんぷじょう)から岩櫃城(いわきじょう)へ向かうシーンはあるマップを使うと信州の山間を通るルートや距離感まで伝える事ができます


視覚的に感覚的にパッと理解できるようになる事は非常に便利だし解りやすい
3Dマップにより山岳などを越えていく道中なども一目瞭然で、移動ルーツや距離感が分かりやすく成ります
実は「信長の野望」というゲームを作ったシブサワ・コウさんが監修しているのです


でも困った事に「戦国BASARA」のようなイメージにを想像している方がいるとか
ゲームの中の真田幸村は筋肉ムキムキで槍を振りまわるイメージらしいのですが、堺雅人はあえて全くロレーニングをしないで臨もうを思っていますと語っていましたっけ

スポンサードリンク


今回のメインテーマの作曲者は?
作曲者:服部隆之さん
大河ドラマ「新選組!」「HERO」「半沢直樹」など数々の映画やドラマの作曲を手掛ける日本を代表するヒットメーカーです


服部隆之さんが考えるのは原点回帰っている訳ではないんですけど、僕らが子供の頃に聞いていた大河ドラマのテーマというと冨田勲「勝海舟」林光「花神」とか骨太ながっしりした演奏だった
人間ががしっとこう大河のテーマを演奏しているという、それが「真田丸」の世界観


メインテーマはヴァイオリンソロをフィーチャー
ソリストは若き実力派ヴァイオリニスト 三浦文彰


ヴァイオリンソロをフィーチャーした曲なんですが一つの楽器を物凄い勢いで早ふきをしているさまとかっていうのはもっと人間臭くてある意味高孤感というのがある


主人公である真田さんのそのキャラクターとダブるっていうか高孤感と厳しさと全部併せ持っているのを演奏で表現できるのはヴァイオリンのソロ一つの音楽表現の中でやっぱりありますからね


最初っから最後まで気をずっと持って凄く戦うような気持で演奏して欲しいと言われました


作曲家の服部隆之さんはオープニングテーマを2分40秒お時間を頂いています
今もうテレビの番組で2分40秒の尺を頂いてそのドラマのテーマ曲をかけてもらうって事はないです


しかも大河ドラマ1年間やる訳ですから1年間皆さんに聴いていただく曲を2分40秒の長さで書くっていう音楽家冥利につきる作曲家冥利につきる


大河ドラマのオープニングテーマていうものに関しては本当に日本ドラマ界においても唯一無二と言えるんじゃないでしょうか

カッコイイ!!

インパクトが強いと思う
バイオリンソロで始まるって大河史上初じゃない??

スポンサードリンク
マシェリ(MACHERiE)はコチラ