テレビドラマふぁん

真田丸どうでしょう【戦国生き地獄ツアー】僕はもうヘトヘトですよ

真田昌幸の名代の信幸が生き地獄をたっぷりと味わいます


昌幸の高野山九度山・戦国生き地獄ツアーはこちら
真田丸38話 昌幸の九度山暮らし夢破れて10年間の軌跡倒れるまで

真田丸どうでしょう10話 戦国生き地獄ツアー

視聴者の皆さんじゃあ聞いてくださいよ、ねえ


今日ここでなにが起こったのかをね


僕は今日あれですよ、皆さんご存知の戦国生き地獄ツアーの夜を迎えたわけですよ


みなさんもうご覧になったでしょう 僕はあの家康と謁見するため浜松にやってきた信幸ですよ


真田昌幸の名代の信幸ですよ ねえ


スポンサードリンク


あの後に僕はやっとこの浜松城に着いたわけですよ、そしたらもう時間もなくて、急いでお風呂に入ってお食事をして


その後ボクはトークショー(会議)をしました、ねぇミスター(本多忠勝)の隣で2時間のトークショーをして


沼田城は渡さないと突っぱねて僕はもうへとへとですよ


さあ寝ようかと思ったときにまだ打ち上げがあった


そこに僕は顔を出してババ様(とり)を帰してもらって沼田城は明け渡すって決まったのが12時ですよ皆さん


僕が寝ようと思ったのが12時なんですよ


いいですか12時に僕が布団に入って寝ようとしてたんですよ


すると現れたのがこのヒゲ爺(矢沢頼綱)なんですよ

スポンサードリンク


何の気か知らないけどもヒゲ爺(矢沢頼綱)が現れて


僕は別に何も思ってないのに「腹を切って詫びよう」っと


この大叔父は僕の部屋に乱入してきたわけです


僕は別にかれにわだかまりもなにも持っていない


仲良くしてもらってますよ、尊敬している叔父さんだ


別に彼に腹を切って詫びてほしいことなんか何もないですよ


ところが彼は僕に「腹を切って詫びよう」っと言って


何を話したらいいのかわかりませんが


僕の部屋に居座って、もう真夜中です


もうかれこれ彼は1時間、僕の部屋を離れようとしないんです


それで僕はそれで視聴者の皆さん、まだ聞いてください


僕は再三「どうか沼田城を返してください」って言ってるわけですよ


ねえ、まあ大先輩だ人生の、その人にさっきから僕は


「どうかお願いですから沼田城を返して、即刻返してください」と


再三、お願いをしているにもかかわらず返してくださらないんですよ


そして僕は苦肉の策で、北条の使者でどんな人かは知らないんだけども呼んだわけですよ


「沼田城を返してくれないから一緒にお願いしてくれ」っと言ったら


皆さん何が起きたと思いますか?


「ああそうか、わかったわかったじゃあ」っと言って、大叔父さんが使者を斬ってしまったんです


どうですか視聴者の皆さん!恐ろしいでしょう!このドラマは

スポンサードリンク
マシェリ(MACHERiE)はコチラ