テレビドラマふぁん

真田丸あらすじ14話【大阪】すったもんだの(すえ)信繁ビックリ

すえが心配でも信繁の立場は人質です、きりにすえを預けて景勝の所に戻ったが秀吉に会うため大阪へ旅立つことに、出立の日に突然きりが現れ信繁は面食らう

旅立ち西へ、大切な人を失った信繁が何かを見つける旅 新登場人物多数の回です

上田合戦が真田の勝利に終わって信繁は上杉景勝との約束通り、春日山城に戻ってきました、勝利をねぎらう景勝と直江兼続ですが、戦いで梅を亡くし信繁は意気消沈しているのでした


戦いに敗れた家康にある事件が起きます、側近の石川数正 (伊藤 正之)が羽柴秀吉に寝返りました、これには真田信尹の調略がからんでいます

スポンサードリンク


機密の漏洩により、秀吉が攻めてくることを恐れて、家康は真田攻略をあきらめ信濃から撤退しました


そのころ、近畿地方で天正地震が発生します、秀吉は大きな被害を受けた近畿の復興に力を入れ徳川討伐は取りやめとなり、家康は自身によって危機から救われる形となりました


石川数正の寝返りが牢に入っていた信尹によるものだったと知り、家康は信尹の交渉力を高く買って味方になれと迫りました、信尹はなかなか折れませんでしたが、真田と内通していることは承知の上と話すと信尹は了承したのでした


秀吉は破竹の勢いで勢力を伸ばし、関白となり大阪城を築きました、今では各地方の大名を呼び寄せ忠誠を誓わせています


北条氏政は上洛要請を無視、家康は真田を滅ぼした後にといって時間稼ぎをします


上杉景勝は秀吉の招集を受けて大阪行きを決めました、大阪行きに信繁も誘われて当初は気が進まなかった信繁ですが兼続の懇願を受けて大阪への同行を決めます


大阪へ向けて景勝一行が旅立つ日に、突然信繁の前にきりが現れました


きりは上田ですえを育てていたはずです信繁は面くらいます、信繁の世話係にきりがやってきたのはきりの父・高梨内記の取り計らいでした


梅が残したすえはきりに育てられていましたが、育児がうまくいかず、結局は梅の兄の堀田作兵衛によって育てられることになりました、以後ずっと作兵衛がすえの養父となります


上田合戦と呼応して始まった北条による沼田城攻めが続いており矢沢三十郎が父の矢沢頼綱のいる沼田城へ行くように信繁から命じられました、その代わりにきりが信繁と一緒に随行することになりました


中継地の加賀に到着した景勝一行を、秀吉の腹心の石田三成(山本 耕史)が出迎えます


三成は景勝を歓迎する宴を開きます、景勝は上座で浮かない顔です、きりは信繁にすえの育ち具合を報告、作兵衛が育てるならと信繁は安心します


景勝が信繁を庭に誘い心情を発露、秀吉の家来にはなりたくなかった、酔いに任せて三成を切ってしまいたいと戯言を言いますが思いとどまります

スポンサードリンク


一行は加賀から三成とともに京都へ、そこで先に準備があるからと三成は大阪に向かいました


そこに信繁を訪ねて石川数正 (伊藤 正之)がやってきました、石川数正は徳川の刺客を逃れて京都にかくまわれていたのでした


信尹のせいで人生が狂ってしまったと石川数正は嘆きますが


信繁はこれを聞いて「先が見えないのはみな同じです、だから必死で生きてるんです、人をだましたり裏切ることもあるでしょう、でもそれは善とか悪では計れるものではないと私はおもうのです」


大阪城に着いた一行は、三成から秀吉が多忙のためすぐには謁見できないと伝えられました


三成の家で泊まって待つことになり、信繁はその晩、、加藤清正(新井 浩文)が三成に愚痴をこぼしているのを耳にします、秀吉が現場を離れて出世をしてさびしいと


翌日、人質の信繁は景勝とは別室に案内されて秀吉を待ちました、そこは突然飛び込んできた秀吉の側室・茶々(竹内 結子)と出会います


信繁のことを「わりと好きな顔」と言いのこしてどうみてもおてんば娘です


次に片桐 且元(かたぎりかつもと)(小林 隆)が現れて信繁を秀吉(小日向 文世)のところに案内するという


なにかの間違いだろうと半信半疑で次の間でまっていると、廊下を走る音が聞こえて男(小日向 文世)が現れた、誰かに追われている様子で信繁に「来い」と言って一緒に屏風の後ろに隠れさせました


(信繁は親分の景勝より先に秀吉と会ってしまいました、景勝にはしばらく内緒にしないと)

スポンサードリンク
マシェリ(MACHERiE)はコチラ