テレビドラマふぁん

真田丸キャスト 大谷吉継役を演じる片岡愛之助

六代目片岡愛之助(かたおか あいのすけ) 大谷吉継役

生年月日:1972年3月4日(44歳)
本名:片岡 寛之(かたおか ひろゆき)
出生地:大阪府堺市

◆片岡愛之助の略歴
1972年、大阪府堺市生まれ、スクリュー工場を営む家庭の元、歌舞伎とは無縁の環境に育ちました

兄弟は妹が一人、1977年に習い事で松竹芸能の子役オーディションに合格、現代劇の舞台公演の経験を積みました

1979年NHK銀河テレビ小説「欲しがりません勝つまでは」で子役としてテレビデビューします

二代目片岡秀太郎の誘いで片岡一門に入門「片岡千代丸」を襲名

スポンサードリンク


「勧進帳」で初めて歌舞伎役者として舞台を踏みました

1993年、二代目片岡秀太郎の養子となり勧進帳の駿河次郎役を演じました
そして六代目片岡愛之助を襲名しました

テレビ出演はテレビ朝日の「ハガネの女」で登場

テレビドラマ「半沢直樹」ではオネエ口調のエリート官僚役を演じました

「劇場版 仮面ライダー鎧武 サッカー大決戦! 黄金の果実争奪杯! 」で歌舞伎界で初の仮面ライダー役を務めました

◆大谷吉継の略歴

誕生 永禄2年(1559年)または(1565年)

天正のはじめの頃に秀吉に仕える小姓となりました

天正11年(1583年)賤ヶ岳の戦いで大谷吉継は長浜城主の柴田勝豊を調略に成功、合戦においても大手柄を立てます

天正14年(1586年)に九州征伐で石田三成の配下で兵站を担当して功績を上げ三成が堺奉行になると

その配下で実務を担当しました

スポンサードリンク


1594年頃に娘の竹林院を真田信繁に嫁がせます

慶長5年(1600年)、家康は上杉景勝に謀反の疑いありと上杉討伐の兵を挙げ、大谷吉継もこれに参加するため

3千の兵を率いて領国を出発し、途中で石田三成の居城である佐和山城に寄ります

吉継は三成と家康を仲直りさせるため三成の嫡男、石田重家を従軍させようとしましたが

石田三成から家康に対する挙兵を持ちかけられます

吉継は「無謀であり勝算なし」と説得するが三成の固い決意を知り西軍に参加した

大谷吉継は西軍の首脳となり敦賀城は帰還し東軍の前田利長を牽制するため調略を行い、山口宗永、丹波長重、上田重安を味方につけることに成功

9月15日に諸将を率いて関が原に到着、大谷吉継は業病(ハンセン病)をわずらっていたため輿に乗って軍を指揮

午前中は東軍の藤堂高虎、京極高知の部隊を相手に奮戦しました

正午頃に小早川秀秋の1万5千の部隊が東軍に寝返り、大谷隊に攻撃を仕掛けてきました

これに備えていた直属の兵600で迎撃して小早川隊を押し返しますが、

さらに小早川の裏切りに備えていた小川、朽木、脇坂、赤座の隊が東軍に寝返ってしまったことから猛攻撃を受け

防御の限界を超えて壊滅、吉継も自害しました、享年42

大谷吉継の敗北は西軍の諸隊に動揺を与え西軍壊走の発端になりました

吉継の首は家来の湯浅五助が関ヶ原に埋めたとも、吉継の甥の僧・祐玄が米原に埋めたとも伝えられ東軍の手に渡ることはありませんでした

スポンサードリンク
マシェリ(MACHERiE)はコチラ