テレビドラマふぁん

真田丸40話「幸村」は片桐且元(小林 隆)が主役 且元の目元のしわが目立つ老いた豊臣家の忠臣です

真田丸40回目「幸村」で秀頼はいい若武者に且元はいい老け具合です

秀頼の若々しさと片桐且元のふけ具合の対比が残酷です、且元の顔のしわに年輪が刻まれています。



真田丸40話で方広寺鐘銘事件が発生して豊臣家が存亡の危機に!片桐且元が九度山の信繁を訪ね救援を求めます。

方広寺の鐘銘が徳川家康を呪う物だと徳川家がいちゃもんをつけてきました。且元は豊臣家の代表として交渉に行きますが家康には会えず、逆に罠にはめられてしまいます。

淀殿(茶々)の信用を無くした且元は大坂城を去ることになり、三成から贈られ且元が世話をして大きく育った桃の木の前で物思いにふけります

真田丸40話ネタバレ


片桐且元が頑張った!家康の身勝手を拒否した片桐且元がカッコイイ


温厚な片桐且元も腹に据えかね豊臣を守るため徳川に立ち向かいました。

片桐且元さん頑張った格好良かった真田丸34話【挙兵】


石田三成を追い払って家康が我が物顔の振る舞いに、豊臣の名を利用しようとする家康に片桐且元が怒る


スポンサードリンク


キャスト 小林 隆(こばやし たかし) 片桐 且元役


生年月日:1959年8月20日(56歳)
出生地:埼玉県川越市
血液型:O型
所属:ケイファクトリー

埼玉県立松山高等学校卒業
明治大学文学部文学科英文学専攻卒業

大学時代はヨット部に所属 スナイプ級で関東インカレ団体優勝

三谷幸喜主催の「東京サンシャインボーイズ」の出身

出演
古畑任三郎シリーズ 向島音吉巡査
華麗なる一族 芥川阪神銀行常務
大河ドラマ新選組! 井上源三郎


片桐 且元の略歴

誕生 1556年

浅井氏が治める近江国浅井郡で片桐直貞の長男として生まれる

1573年の織田信長の浅井長政への攻撃で、小谷城は陥落します

浅井氏に代わり長浜城主となった羽柴秀吉に仕えるようになり、毛利に対する中国攻めにも従軍しました

1583年5月信長の死後、秀吉と対立した柴田勝家と賤ヶ岳の戦いで七本槍のひとりに数えられました


その後は前線で戦うことは無く馬廻り衆として兵站や後方支援の活動が忠心となりました


1600年、関ヶ原の戦いでは西軍につき、大津城の戦いに家臣を派遣したが東軍の勝利後は、長女を家康の人質に差し出し

豊臣と徳川の間の調停に奔走した

1614年、豊臣家が再建た方広寺大仏殿したが、この梵鐘の銘文について方広寺鐘銘事件が発生

スポンサードリンク


鐘の銘文に書かれた「国家安康」が家康を割る呪詛など非難された

入府した且元は誤解であると弁明に努めた徳川方に譲歩の姿勢が無いと見て秀頼の参勤、淀殿を江戸詰めの人質とするなどの提案を行ったが

淀殿たちの側近から家康との内通を疑われるようになり大阪城を退去した

大阪の陣では人質を送って家康に従属、且元は10月10日に土佐から大阪への米の輸送を禁止しました


10月12日家来の多羅尾半左衛門を300の兵で堺の救援に派遣したが迎撃されて半左衛門は戦死します

11月には小豆島周辺諸国に大阪への物資の回送と大阪城の経済封鎖を命じています

徳川方は真田丸の戦いで敗戦し兵糧不足もあって戦況が思わしくなく、100門以上の大筒や石火矢で攻撃を開始


且元も砲術方に参加した、この戦果が大阪方に講和の席につかせる契機となりました


1615年1月に隠居を願い出ましたが許されず4月に駿府に屋敷が与えられました

江戸への拝謁の途中で大阪夏の陣が起こります、且元は道明寺に到着して徳川秀忠に合流、岡山口への布陣を命じられ嫡男の片桐孝利を送りました

大阪城落城後、豊臣氏は助命かなわず滅亡しました

前年より肺病を患い家康から送られてきた片山宗哲の診察を受けていましたが大阪の陣が終わった後一ヶ月もたたない5月28日に60歳で死去した

スポンサードリンク
マシェリ(MACHERiE)はコチラ