テレビドラマふぁん

鉄火起請見たいけど見たくない 真田丸とタイムスクープハンターを比べてみる

真田丸12話【人質】で信繁が鉄火起請を体をはって止めました、ところが同じNHKの番組「タイムスクープハンター」では隊員は取材のため見てるだけ


テレビドラマで鉄火起請が取り上げられるのは大変めずらしいことです

真田丸の前に2012年に「タイムスクープハンター仰天裁判 鉄火つかみ」で鉄火起請が放送されました

真田丸放送の予習復習で「TSH仰天裁判 鉄火つかみ」のあらすじを追っかけてみました

スポンサードリンク


タイムスクープハンターが鉄火起請の取材したのは江戸時代初期の甲斐の国、東原村と西谷村では境界近くを流れる小川の水利権をめぐって10年以上争っていました


まさに我田引水な話ですが農業の収穫に直結することなのでお互いに譲らず争いは切実です
江戸時代初期は幕府の権威がまだ弱く、犯罪の裁判や境界争いをお上の裁判ではなく鉄火起請による神判で決着をつけることもあったのです


鉄火起請は神による裁判の一種で境界争いや利権で対立する集団がどちらが正しいか決める儀式で代表者の取り手を決め、取り手が赤く焼けた鉄棒を持って神棚の三宝まで運びます


2名とも三宝まで運べたときはやけどが酷いほうが負け
1名だけが三宝まで運べたときは運べたほうが勝ち
2名とも運べなかった場合は運べた距離が長いほうが勝ち


勝った側が正しいとされ言い分が認められますが取り手は大やけどを負いました、そして負けた方の取り手は神をたばかったとして処刑されました


敗者は処刑、勝っても大やけど、これを承知で鉄火起請をするのはただ事ではありません、村同士で戦争が始まる一歩手前、紛争を収めて犠牲者を最小限にするための最期の手段ですね


このときは東原村の名主(村長)が鉄火起請で決着をつけようと言い出して果たし状を西谷村に送りました
書状を受け取った西谷村では名主が取り手になると名乗りを上げました


取り手をすると大やけどで手が使えなくなるので以後の農作業を他の村衆でよろしく頼むと相当な覚悟をしました


鉄火起請を取り仕切るため役人が村にやってきました
東原村の名主が役人に面会するためやってきて賄賂を渡して手心を加えてもらおうとしましたが役人に断られてしまいました


鉄火起請を言い出した東原村の名主ですがインチキするつもりだったんですね


ワイロ作戦に失敗してガチで鉄火起請することになりましたが東原村では取り手を誰にするかも決まっていません

スポンサードリンク


手のひらにニカワを塗ると熱さがやわらぐらしいと焼け石を使って名主が実験してみましたがあまりの熱さに飛び跳ねてしまいました


誰も取り手になるとは言わず困ったすえに落ち武者の平作に取り手を押し付けることになりました、村で何か困ったことが起きたら嫌な役をさせるために囲っているのです


鉄火起請のことを詳しく知らない平作には米を5石あげるから、成功したら20石あげると高待遇で承諾させました


負けたら5石もらえるどころか処刑されるんですが肝心なことは説明しません


言葉通りの「土壇場の底力」とか「火事場の馬鹿力」を出さないと勝てないだろうに
(土壇場とは処刑場のこと)


この時点で東原村のほうが負けっぽいですね、西谷村が先に挑戦して失敗したら平作に勝ち目が出てきますがどうなるでしょうか

鉄火起請の当日、焚き火に鉄の棒をくべて準備が整いました


取り手の二人が起請文を書き、己が正しいことを神に誓います、起請文はその場で燃やされて灰をお神酒に入れ取り手の二人がお神酒を飲み干しました


役人が鉄火起請の開始を宣言して、手はやけどで使えなくなり鍬も握れなくなると脅しを言いました


役人は東原村の平作を指名し先に鉄火起請をするように促します


平作は真っ赤になった鉄棒を前にびびってしまい手を出すことができません、故郷に帰って農業をしたいと泣き出しました


役人は2回、鉄の棒を持つように警告しましたが平作が持たないため不戦敗を宣言しました


次は西谷村の名主の番です、彼はみごとに鉄棒を三宝まで運び鉄火起請を成功させました


神判は西谷村の勝ちになりましたが、まだ最後の儀式が残っています、敗者の処刑です


平作は聞いていないと叫びますが有無を言わせず、奥の幕の中に連れ込まれました、そして役人の「御免」の声と共に刑が執行されました


ここまで「仰天裁判 鉄火つかみ」の動画を見ましたが、なかなか怖かったですよ


でもこの鉄火起請にはいくつか仕掛けがあって救いのある結末になっています

鉄の棒はあらかじめあまり熱くないものにすり返られて、やけどをしない程度の熱さになっていました

処刑も刀に偽の血のりをつけた芝居で平作は村から離れた場所で密かに解放され平作は生まれ故郷に帰っていきました

鉄火起請は徳川幕府の治世が安定してくると次第に行われなくなりました

こちらは漁業の優先権の争いです
真田丸あらすじ12話【人質】肉焦がし骨焼く鉄火起請



スポンサードリンク
マシェリ(MACHERiE)はコチラ