テレビドラマふぁん

真田丸 人を不快にさせる石田三成から見ると信繁はうさんくさい奴?

石田三成の視点で信繁を見てみると大事な客人の中に変な奴が混じってる、こいつどう扱おう?面倒くさい


この記事は真田丸14話を見た管理人の勝手な感想です


石田三成と真田信繁の出会いはお互いに最悪の第一印象でした


石田三成のことを「人を不快にさせる何かを持っている」と信繁が語りましたが、三成から見るとそこにいる信繁が不快だったから

スポンサードリンク


秀吉が天下を取るため諸国の大名に上洛を求めています、その中でも上杉景勝は大物です、丁重にもてなすため石田三成は加賀の国まで景勝を出迎えに行きました


すると予定外の人間が混じっていました真田信繁です、なぜ真田家の人間が景勝一行に混じっている?間者(スパイ)なのか?


石田三成は立場で人間を計るところがある(大谷刑部が語る)と言われています


真田真幸は上田合戦で名声があがり有名ですが、信繁って誰?昌幸の次男?て感じでしょう


秀吉は真田真幸にも上洛を求めていますから、昌幸の息子にお前は大坂に来る必要は無いと言って無碍に追い返すことも出来ません


石田三成が景勝相手に話し合ったことが真田の人間に漏れてしまう恐れもあり、とにかく信繁の扱いが面倒くさい


石田三成ではなく第三者的に見ても、大事な客人の中によけいな部外者が仲良くくっついていて引き離すことができない


信繁をどう扱えばよいのか三成でなくとも困ります

スポンサードリンク


真田信繁が一人で上洛します、という話だったら三成も信繁を普通に扱えば良い話しで、


「本来なら国主の昌幸殿に来て欲しかったのだけれど、秀吉様に会ってもらえるかどうか話をしてみるよ、あまり期待しないで待っていてね」


と取り次げばいい話です


ところがあつかましくも信繁は上杉景勝にくっついて行けば秀吉に会えるのは当たり前と勘違いしています


三成からすれば、こいつ(信繁)何言ってんの?ずうずうしい奴!そんな気持ちだったでしょう、ですが信繁に面と向かって秀吉に会わせられないとも言えません


信繁は三成のことを「人を不快にさせる何かを持っている」と語りましたが、三成からすれば不快なのはお互い様でしょう


私だったらどうすればよいか秀吉にお伺いするため先に大坂に戻ります、三成が口実をつけて先に大坂にもどったのはそんな理由でしょう

スポンサードリンク
マシェリ(MACHERiE)はコチラ