テレビドラマふぁん

真田丸16話【表裏】鳴かぬなら殺してしまえホトトギス秀吉が真田を潰しにかかる

真田丸16話のネタバレ 信繁は秀吉の怖い本性を知る、秀吉が景勝に真田への支援を禁止したことを知り動揺します、井戸である事件が起きた、そして加藤清正が信繁の胸ぐらを掴んで言った事は


信繁が馬廻衆になって茶々に目配せしてた立花権三の運命は?
加藤清正が信繁に茶々に近づくなと警告した理由とは?
秀吉が真田を潰す策略に信繁がやっと気がつくが・・・

スポンサードリンク


15話で茶々といい感じだった立花権三
目配せしあっていたのがバレて秀吉が冷たい視線が
秀吉ににらまれてたらその後が心配です、吉田ボイスの登場は16話で仰天末路に
茶々ヤバイ立花権三(吉田ボイス)に目くばせして秀吉が睨み信繁も巻き込まれる


真田丸サイトの相関図で加藤清正から立花権三に謎の矢印が伸びるが
加藤清正–??–>立花権三
一体この意味するところは・・・・
第16話を見て理解出来ました


豊臣家家臣の平野長泰(わきざか やすはる)が16話で登場
賤ヶ岳の七本槍の一人ですが福島正則や加藤清正と比べて有名でもなくパッとしません
ですが生き残りには長けていたようで平野長泰から名言が飛び出します
「みんな殿下の怒りに触れてあの世行き


加藤清正の登場回で井戸ネタを調べてるみる恐ろしい話が・・・
加藤清正公の井戸にまつわる怖い逸話
・横手五郎に井戸を掘らせて生き埋めに
・銃くれ井戸
加藤清正の井戸にまつわる逸話、熊本城と明治神宮のパワースポット


欠員が出たと秀吉の護衛役である馬廻り衆に信繁は任命されます、秀吉と行動を共にするうちに茶々に好かれたようです、茶々は惚れっぽいのでしょうか?、秀吉が茶々を狙っていることに気が付いている信繁は茶々の接近に戸惑います


15話までの流れ、秀吉が進めた真田潰しの計略とは
秀吉は真田昌幸が上洛しようとしないので痺れを切らす
信繁が大坂にやってきたので会って探りを入れてみたが昌幸は上洛する気がなさそう
景勝に真田との盟約を反故にするよう命じて真田を孤立させる
真田を討伐したい家康に恩を売りつつ紛争を煽る



16話でついに信繁が秀吉の計略に気がつきます
信繁が馬廻り衆に加えられたのは秀吉から気に入られているためですが、秀吉は信繁を重用しつつも真田家を潰そうと画策します
いったい秀吉はどういう神経の持ち主なんでしょうか、でも秀吉役が小日向文世なので納得です、小日向秀吉ならそれくらいやってのけますね
秀吉の二面性が怖い真田家を潰す策略!でも信繁はお気に入り


恐ろしい人が次々登場する真田丸に大物秀吉が登場しました
かつて昌幸と信尹の二人が春日信達(春日信龍かすがのぶたつ)を相手に恐ろしい調略を行い信達を罠にかけて殺してしまいましたっけ
強烈な現場でした・・・信繁はそれを目の当たりにして「あの人たちが怖ろしい」と恐れおののきました、あれから時がたちました



「人を騙したり裏切ることもあるでしょう、でもそれは善とか悪では計れるものではない」
と石川数正に相手に語れるほど信繁は経験値を積みました、心もタフになりました、しかし秀吉の本性は信繁の予想を超えてさらに恐ろしいものでした


武田家が滅んだとき、真田昌幸はすばやく織田信長に乗り換えましたが本能寺の変であっけなく信長が死んでしまい当てが外れました
昌幸は今度は慎重に行こうと秀吉の上洛要請を先延ばしにしましたが、今度もまた裏目になってしまいました
秀吉は真田昌幸が一向に上洛しないことに激怒、昌幸は「表裏比興の者」で信用できないから成敗する、徳川家康と上杉景勝を動かし真田討伐を実行に移します

スポンサードリンク


「鳴かぬなら殺してしまえホトトギス」は信長の性格を揶揄した有名な川柳です
「鳴かぬなら鳴かして見せようホトトギス」が秀吉を現す川柳のはずですが小日向秀吉は「殺してしまえ」のタイプのようです



真田家に最大の危機が迫ります
徳川家康が駿府に入り真田討伐の準備を始めました、この情報を入手した真田昌幸は上杉に援軍を求めますが断られてしまいます


これでは真田昌幸がいくら戦上手でも戦う前から詰んでいる
17話【再会】秀吉の天下鳥は目前に茶々が微笑みホーホケキョ



信繁を見つけた茶々が無邪気に笑いかけ、ホーホケキョとウグイスが鳴いて今週の16話は終了です


伏魔殿の大坂城は表裏がいっぱいでした
茶々の表裏
表 天真爛漫で無邪気に男性を好きになる
裏 好きな人(惚れた人)が亡くなっても悲しむのをやめた


平野長泰の表裏
表 片桐且元を相手に礼儀正しい態度
裏 本人が去ると片桐且元を抜け作あつかいで手のひら返しがすがすがしい



加藤清正の表裏
表 三成の屋敷で飲んだくれて翌日に謝罪に行く正直者
裏 茶々に近づいた男をひそかに消している



秀吉の表裏(安定の四番)
表 どこにでもいそうなおっちゃん
裏 あんな男は見たことがない



三成と大谷が裏で利休を潰そうと画策、利休も只者ではない
真田昌幸の表裏が可愛く見えるレベルです、信繁はえらい所にきてしまいました
表裏がいっぱいあった16話、来週17話の再会も信繁と松の1組だけでなく、家康と秀吉も再会するってことになりそうです

スポンサードリンク
マシェリ(MACHERiE)はコチラ