テレビドラマふぁん

真田丸上洛要請に決着 鳴かぬなら鳴かせてみせよう真田昌幸

豊臣秀吉と真田昌幸の力の差は歴然、昌幸がいくら戦上手でもどうにもなりません

先が読めないのはみな同じ、だから必死に生きている、信長のときに懲りた真田昌幸は上洛を先延ばしにしてみたが気がついた時には絶対絶命に


豊臣秀吉から何度も上洛を要請する手紙が上田に届きましたが、大坂にいる信繁がうまくとりなしてくれるだろうと昌幸は手紙を無視してしまいます

スポンサードリンク


信幸は上杉も毛利も上洛しているので心配で仕方ありません、昌幸の判断はいつも裏目にでますが信幸の心配は当たってしまいました


家康が駿府に入り真田討伐の準備を始め、これを知った昌幸は上杉に援護を求めますが断られてしまいます


豊臣秀吉が上杉景勝に真田に肩入れしないように釘を刺したためで、秀吉はさらに念を入れて上杉景勝に真田攻撃を命じました


「信尹がなんとかしてくれる」「信繁がとりなしてくれる」と今まで悪運で切り抜けて来ましたが


いつのまにか絶対絶命の窮地でした、真田昌幸が戦上手でも戦う前から詰んでいます


ぎりぎりのタイミングで信繁は昌幸に上洛するように勧め、昌幸は上杉景勝に上洛の取り成しを依頼しました


上杉景勝から真田昌幸が上洛すると連絡を受けた秀吉は家康に真田討伐を延期するよう命令を下しました

スポンサードリンク
マシェリ(MACHERiE)はコチラ