テレビドラマふぁん

立花権三とは誰?真田丸の架空の人物って本当?茶々に熱視線何者なの

真田丸のドラマに吉田ボイスが演じる歴史上の人物には聞いた事のない立花権三(たちばなごんざ)なる人が天正カルタの最中に茶々と目でラブラブな合図をしあっていましたが誰?次週なんと井戸に落ちて死ぬ運命とは


真田丸に出てくる立花権三(たちばなごんざ)とは誰?
天正カルタって何?
茶々と立花権三はどんな関係なの?
井戸にまつわる怖い話も追加しました

スポンサードリンク


千の利休のお茶を飲みそこねた信繁
真田信繁が体操座りで窮屈なお茶室からでたと思ったら大広間で神経衰弱が始まりました
NHK大河ドラマのHPには吉田ボイスがキャストとして配役されたのですがウィキペディアなどで調べても謎の人物でした




立花権三とは、なんと架空の人物のようです
真田丸の中では豊臣秀吉の家臣の一人で馬廻衆の一人と紹介されています
馬廻衆とは近衛隊的な側近のことです
近衛隊とは君主を護衛する軍人の事です
今でいうとSPのような存在ですね



立花権三(たちばなごんざ)
それにしても廊下に座っているとはいえ、主君の側に控えているということは馬廻衆でも位の高い人なんでしょうねキット
↓加藤清正と井戸にまつわる怖いこわい話はこちら
加藤清正の井戸にまつわる逸話、熊本城と明治神宮のパワースポット
真田丸 新井浩文さん演じる加藤清正公の怒りとは?
16話では信繁に警告「茶々に近づくな」


茶々(ちゃちゃ)
秀吉の側室になり後に淀君と呼ばれます
浅井長政には3姉妹いますがその中の一人です
秀吉の子鶴松を産んだ時に山城国の淀城を賜る


それ以来、淀の方と呼ばれるようになりました、たった4年ほどで鶴松は妖逝しますが、つぎに秀頼を産んだ事により豊臣家の実験を掌握することになります


立花権三に茶々が目くばせしているのですが、あれだけひと人目をはばからずに目で合図をしあっているのはお互いに相当に好意を持っているように思いました



ヤバイです、秀吉に見つかってしまいました
この豊臣秀吉は千利休を使って人の深層心理を探る位の人物なのでこの茶々の行動にはビビビッと来ている気がします

スポンサードリンク


秀吉が大正カルタをしながらふと茶々をみているとどこかを見ています
視線の先を見るとなんと、その先には立花権三がいました
立花権三が茶々にラブラブの視線を送っているのを冷たい目で見つめています



なんと立花権三と茶々は熱い視線が飛び交っているのでした
まさかこの二人は恋人関係なのでしょうか?
今までカルタに興じていた秀吉の冷たい視線にさすがの信繁も気がついて雰囲気が悪くなっていくのでした



大正カルタとは?
現在のトランプの一種です、見た目は花札のようですが裏の模様は全部同じ、秀吉は大正カルタで神経衰弱をしていたのでした
それにしても初めてした大正かるたなのに頭が良い信繁は次々とカルタを引当るのでした




何にも知らない信繁は冷たい目をする秀吉に驚きながらも見守るのでした
おちゃらけた親父のような秀吉ですが細やかな神経の持ち主のようですね
置いてあったカルタをグチャグチャにかき回して大正カルタは終了
、まるで秀吉の短期な一面を表しているようでした


茶々は歴史上は豊臣秀吉の側室になり、秀吉の子供である跡継ぎの豊臣秀頼を生む人物です
この秀頼は秀吉が57歳と高齢の時に生まれた為に秀吉の子供ではないという説が何度も囁かれています



秀吉が朝鮮へ出兵している間に淀君(茶々)が妊娠した事で淀君の側近や祈祷にかかわったとされる人物は徹底的にころされてしまうのでした



来週の立花権三の運命やいかに・・・なんだか悪い予感がします

スポンサードリンク
マシェリ(MACHERiE)はコチラ