テレビドラマふぁん

真田丸 平野長泰(ひらのながやす)は伏魔殿でスルメ食う大物

平野長泰殿ご無沙汰です!やっぱり食ってるでっかいスルメ




平野長泰は最後の出世のチャンスをまさかの負け戦で棒に振る

スポンサードリンク


平野長泰はわかりやすい表裏!出世できなかった七本槍ですが優れた処世術でずぶとく生き残ります


平野長泰はどこにでもいそうな中間管理職で小物感が漂いますか?いえいえ大物です「あの人は大物ですよ!」という意味で


片桐且元に連れられて信繁が馬廻衆の筆頭の平野長泰と初顔合わせ


折り目正しい態度だった平野長泰は片桐且元が立ち去ったとたんに且元を抜け作あつかいして態度が豹変します、表と裏で態度が変わりすぎです


平野長泰は賤ヶ岳の七本槍の一人ですが信繁も「名前が出てきません」でした、ですがこの人は真田丸で人気がでそうですね


平野長泰は関ケ原の戦いでは東軍側に付きました


秀吉に対しては恩顧がありますが石田三成とは合わなかったんですね、そしてしっかり勝ち馬に乗って生き残りを図っているところがさすがです


ところが徳川秀忠の配下についていたため第二次上田合戦で足止めを食らってしまい徳川秀忠は関ケ原の戦いに遅刻してしまいます、平野長泰も活躍の機会がありませんでした

スポンサードリンク


東軍についた加藤清正と福島正則は石高が増えますが平野長泰は関ケ原の戦いの後、ずっとくすぶったままです、九度山に入って蟄居生活を続けた信繁と立場が似ているかもしれません


したたかに生き残ってきた平野長泰は大坂の役では豊臣側に付こうとします


関ケ原では東軍についたのに、なぜ大坂の役では大坂側に付きたいと思うのか


平野長泰は出世や生き残りに汲々とする功利主義者ではなく豊臣家に対して忠義心をもっていたかもしれません


真田信繁が徳川家康の引き抜きを蹴って戦いのため大坂城に入ったように平野長泰も同じ心を持っていたのでしょう


平野長泰は裏切って大坂方に付くことをわざわざ家康に伝えに行きました、このことから影で陰謀を張り巡らせるようなことはできない人柄が見えてきます


当然ながら、家康に留守居役を任命されて足止めされてしましたがそれ以上の咎めは受けませんでした


大坂の役の後、加藤清正と福島正則は危険とみなされて取り潰しに合いますが平野長泰は旗本として存続して平野家は明治まで存続しました

スポンサードリンク
マシェリ(MACHERiE)はコチラ