テレビドラマふぁん

真田丸第18回目 上洛した昌幸が徳川家康の与力大名に小国がゆえの悲哀を味わいます

与力大名とは有力大名の下につき、統一軍事行動を取り軍団長大名の指示を受けます


昌幸は第一次上田合戦で家康に勝っているのに戦になったら家康の指揮を受けるってことです、小国がゆえですね


信繁の手紙と信幸、直江兼続に上洛を勧められても首を縦に振らない昌幸、どうしても秀吉の家来になるのは嫌でした

スポンサードリンク


最後の一押しをしたのは母のとりでした、家来になるのは形だけ、秀吉が落ち目になったら寝首をかけば良い


ついに昌幸は大坂に上洛しました、しかし用意された宿舎は古寺、ほかの大名は大坂城の中に泊めてもらえたのに、やっぱり来るのが遅すぎました


上洛した昌幸が用意した手土産は暖かい毛皮の上着、秀吉の趣味ではないかも


用意した土産も石田三成の検分で箱が地味、毛皮はくさいからよろしくないと散々な評価でした


信濃では高級品でも秀吉は金ぴか趣味ですからお気に召さないですね、信繁が送った手紙はすべて検閲で届かなかったから秀吉の好みがわからず仕方ないですが、田舎者とバカにされたと思ったでしょう


温厚な信幸まで「ないがしろにされた」を連発して昌幸の傷ついた心に追い討ちをかけてしまいます


昌幸は怒りをぐっとこらえていつか見返してやろうと報復を誓います、大坂城は難攻不落の名城ですが、どんな城でもかならず弱点があると研究に余念がありません


真田信繁が大坂城の弱点を補強するために作った真田丸(砦)の伏線になりそうですね


昌幸が信繁に大坂城の見取り図がほしいと言った直後のシーンで、信繁が大坂城の書庫をウロウロして図面の見取り図を盗むのかとドキっとしましたが違ったようで安心しました


昌幸の謁見の相手は秀次で、またもや昌幸はないがしろにされてしまいました


天下統一のセレモニー(秀吉と家康の陣羽織がほしいと猿芝居)は終わってしまったので、後から来た大名でもない昌幸はどうでも良かったのです

スポンサードリンク


信繁は父・昌幸の怒りを感じ取り秀吉に直談判します、恨みを買ったままだと寝首をかかれるかも知れないので秀吉も折れて昌幸と会うことにしました


しかし秀吉も恫喝されただけでは気がすみません、真田家は家康の指揮下につく与力大名となってしまいました


そして駿府に行って家康に挨拶をして来いと秀吉は命令しました


昌幸は家康と対等に戦ってきた自負がありましたがプライドはずたずたです、今までなんのために戦ってきたのか家康の家来になるためだったのか


「わしはどこで間違った」と嘆きますが、とにかく国は守れたと思うことにしました


そんな苦労を吹き飛ばすうれしい再会が待っていました、松が生きていることがわかり昌幸と信幸は大喜びします


生きているだけでもうけもの、昌幸はようやく気持ちを切り替えることができ、駿府に向かいました


駿府で家康と昌幸が謁見、因縁の相手と思わぬ再会に家康は楽しくて仕方ありません、家康の不敵な笑いをじっと耐えて聞く昌幸でした


秀吉から領土は安堵されると約束されましたが、家康の下についたことで例の沼田問題はどうなるのでしょうか?火種がまた残ってしまったのでは?

スポンサードリンク
マシェリ(MACHERiE)はコチラ