テレビドラマふぁん

真田丸ネタバレ19話 蔵の中で茶々の心の闇を覗く信繁|旭姫の二の舞に仏頂面の信幸と稲姫

蔵の中で茶々が淡々としゃべる過酷な生い立ち話、暗闇の中に並ぶ血のついた槍が怖い、浅井長政の鎧も置いてあるかも


真田昌幸が上洛したとき秀吉は昌幸と面会する気がありませんでした、困った信繁は奥の手で茶々を通じてとりなしを依頼しました、その代わり交換条件で茶々の願いを信繁が聞かなくてなりません

スポンサードリンク


茶々の願いは立ち入り禁止になっている蔵に信繁の手引きで一緒に忍び込むことでした、中には武具が入っているだけで二人は拍子抜けしますが……


蔵の中で信繁と二人きりになった茶々は子供の頃の話を始めます、茶々の過酷な生い立ちを知り、天真爛漫に振舞う茶々に信繁は好意を抱くのでした


二人は気がつかなかったようですが蔵の中に置いてあった円形の紋章がついた兜って……


蔵の中に並んだ武具って合戦で敵から奪った戦利品では?もしそうだとすると蔵の中で茶々の昔話を聞くのは、お化け屋敷の中で怪談話をしているようで背筋が寒くなります


信繁と茶々は蔵の中でしばらく過ごした後、蔵から出ましたが出てくるところをきりに見つかってしまいます


信繁はきりに口止めをしますが、二人の仲が怪しいと噂が立ち、秀吉の耳にも入りました

スポンサードリンク


一方、与力大名となって徳川に仕えることになった真田昌幸と信幸は駿府城で家康に挨拶を済ませました


駿府に来たのを幸いに昌幸は駿府城を落とすための弱点の研究に余念がありません


家康は真田家の内情を探るため、本多忠勝の娘・稲姫と真田信幸の政略結婚を思いつき本多忠勝を説得します


本多忠勝は嫌がりましたが家康に説得されてしぶしぶ承知します、信幸は正室のおこうがいるため断固反対です


ところが真田昌幸は徳川家の内情を探れると提案を了承してしまいます


これでは旭姫(清水ミチコ)の二の舞です、旭姫は秀吉の命令で夫と離婚させられ、人質として送られて家康と再婚させられました


こんなところに来たくなかった旭姫が家康の前で仏頂面、今度は家康が政略結婚を言い出して信幸と稲姫が仏頂面です


20話以降は?

19話で秀吉と茶々と三成が絵図面を眺めていた聚楽第が20話で完成します

秀吉の母のなかが病気を患い看病を理由に旭姫は聚楽第に戻りました、旭姫は二度と家康の元に戻ることはありませんでした


秀吉の側室になった茶々が妊娠、ところが何者かが茶々の妊娠を揶揄する落書きをして秀吉が激怒します(聚楽第落書き事件)

スポンサードリンク
マシェリ(MACHERiE)はコチラ