テレビドラマふぁん

茶々があの蔵と口をすべらせる?せっかく加藤清正を九州に追っ払ったのに

真田丸・山吹の花に込められた想いはキリがパクリ、茶々の呪いを代わりに飲み込んだの?


真田丸・信繁は茶々の大のお気に入り
あらぬ噂で困り果てる信繁
茶々があの蔵なんて口をすべらせるとは



スポンサードリンク


茶々に気に入られても困っちゃう信繁です
裏目に出て井戸に投げ込まれそう、ピンチを脱出したと思ったのに!
もう茶々ったら



蔵ですって
また一緒に見に行きましょう!
人懐っこい笑顔で信繁に話しかける




茶々・・・
またとはどういう事か?
以前にも源次郎と蔵に行ったのか?
秀吉の凍りついた顔が怖いよ~



その場の空気を読み取った茶々
ごまかすのにひっしです
私蔵などと言ってません



もう駄目だぁ~
せっかく根回ししたのに~トホホ
申し訳ございません



・・・・お出迎えに行きます
なんと助け舟をだすばかりか
早々に逃げ出す石田三成




もう針のむしろの信繁です
一緒にづらかろうとしたら
ちゃ~んと秀吉に見咎められる




よくも!

信じておったのに!
無用なお疑いでございます
源次郎とは何もありません




どの蔵だ?

私が覗いたのは1つだけでございます


ニヤッと
怖い笑顔の秀吉
茶々・・・


スポンサードリンク



ここぞとばかり弱みを見せた茶々を口説きだした秀吉です
ねいがおる限り正室にはなれん



あれは同じ戦仲間じゃ
あれ~奥さんでなかったの??




天下人として暮らす

この世を去る時言って欲しい言葉は
「茶々は日の本一幸せなおんなでした」




茶々が側室になってくれすぞ
茶々がわしの側室になってくれると約束してくれたんじゃ
戦仲間の北政所に報告に行く秀吉でした




日の本口の上手い男ですよ?
と叱られているとも知らないで
「日の本一幸せなおんなでしたと言ってみたいと思いました」



お望みどおりあなたは殿下の側に戻りなさい
それでも暫くはここにいるでしょ?



私と源次郎は不思議な糸で結ばれているのです



そして・・・
私達は同じ日に死ぬのです
不吉な事をいう茶々です
まあほぼ当たってはいるのですけど




遠い日でありますように・・・
そういうのが精一杯の源次郎でした




懐紙に包まれた山吹の花(黄色い花)はしっかり押し花になっていました
愛おしそうに眺めているとキリがやってきて食べてしまうのでした



この後、秀吉政権は崩壊の一途をたどるのでした・・・・

スポンサードリンク
マシェリ(MACHERiE)はコチラ