テレビドラマふぁん

板部岡 江雪斎が真田丸に再登場!沼田裁定で信繁と渡り合うその後

元北条家の家臣だった板部岡 江雪斎(いたべおかこうせつさい)が再登場!小早川秀秋に接近します

沼田裁定で信繁と激しい舌戦を繰り広げた板部岡 江雪斎は北条家の滅亡後は姿を消していましたが、再び真田丸に登場します。


史実では豊臣秀吉に目をかけられた板部岡 江雪斎は御伽衆として仕え、岡野性に改め岡野融成と名乗りますが、真田丸公式サイトでは板部岡 江雪斎のままですね

スポンサードリンク


真田丸22話 北条家に仕える外交僧の板部岡江雪斎が沼田領問題で信繁相手にはげしい舌戦を繰り広げます


沼田領問題に決着をつけるため北条方・板部岡江雪斎、真田方・真田信繁、そして双方の経緯を知る徳川方・本多正信が参加して沼田裁定がはじまりました


立会い人は豊臣秀吉、豊臣秀次、石田三成、片桐且元でした


信繁と板部岡江雪斎の舌戦は五分五分でしたがしだいに弁が立つ江雪斎が優勢にたち、本能寺の変の後で、真田が主人の滝川一益を裏切って沼田城を奪取したと、真田の悪い印象を周囲に植え付けました


休憩を挟んで信繁が巻き返します、徳川が真田に渡した起請文、北条に渡した起請文が提出されて、どちらが有効か吟味しました、秀吉がだっこしていた息子の捨がぐずり始めて秀吉が席を外してしまいました


江雪斎は国と国の約束なので優先すべき(徳川と真田では主人と家来の約束にすぎない)

信繁、真田との約束した起請文のほうが日付けが古い、先の約束が優先されるのが道理

ここで本多正信が口を開きました、徳川は北条に沼田を渡すとは約束していません、「手柄次第」と書いてあるとおり、北条が沼田を力ずくで取るのを徳川は邪魔をしないという意味


片桐且元が起請文に手柄次第と書かれていることを確認して秀吉抜きで裁定が下りました


ところが沼田を北条に渡すことははじめから決まっていたようです、石田三成が真田昌幸に頭を下げて沼田を諦めてくれと願い出ます、秀吉は氏政を上洛させるためなら沼田を渡しても良いと考えていて裁定の話し合いは真田の顔を立てるための方便でした


ところが裁定で真田が勝ってしまい、このままでは豊臣と北条の大戦になってしまう!三成はすべてをかなぐり捨てて昌幸に願い出ました


昌幸は名胡桃城に真田の代々墓があるからそこだけは残してほしいと嘘をつきました


沼田の2/3は北条領、1/3は真田領とする、そして北条に渡した領土と同等の土地を徳川が真田に渡すことで決着しました


名胡桃城はひときは高い場所にありここを抑えれば沼田城ににらみを効かせられる場所でした、この名胡桃城を北条方の猪俣邦憲が攻め落としたことを発端に秀吉が小田原征伐で挙兵します

スポンサードリンク


23話
秀吉が小田原征伐で挙兵します、氏政は伊達政宗が味方につくことに望みをかけ籠城を続けてきましたが、正宗が秀吉方についたことを知ります、江雪斎が降伏と助命嘆願を徳川に願い出るように諌めますが、氏政は江雪斎の諫言に耳を貸しません

一方、再三の降伏勧告に首を縦に振らない氏政を説得するため、家康が信繁に書状を託します


信繁は小田原城に入って北条氏政を説き伏せるように家康と大谷刑部から命じられます、沼田裁定のときに信繁と論戦した板部岡江雪斎と本多正信が氏政の説得役に信繁を推挙したのでした


小田原城に入った信繁を江雪斎が出迎えました、江雪斎は沼田評定で堂々と渡り合った信繁を高く評価して、氏政を説得できるのは信繁しかいないと思っていました


氏政は聞く耳を持たぬ状態で、江雪斎も氏直も信繁の説得に賭けていました

24話
小田原城に入った 信繁は氏政に書状を渡し、氏政が頼みの綱として援軍を待っていた、伊達、最上、相馬が秀吉方についたことを伝えました


氏政は「潮時ということか」とつぶやきましたが信繁の懸命の説得にも氏政ははっきりと返事はしませんでした、しかし氏政が信繁の話に耳をかしたことに江雪斎は手ごたえを感じたのでした


7月5日、ついに氏政が降伏を決意しました,、ところが秀吉は氏政の助命の約束をくつがえし、切腹を命令しました、江雪斎は話が違うと憤りますが氏政はこれもさだめと受け入れました


7月10日、家康が秀吉に命乞いをするように氏政を説得しましたが、氏政にその気はなく江雪斎は主君の表情をみてすべてを悟りました


江雪斎は屋敷に向かって頭を下げ去ってゆきました、翌日に氏政は切腹


板部岡 江雪斎の略歴
生誕1537年
死没1609年7月4日

執権北条時行の子孫とされる、田中泰行の子でしたが板部岡康雄の名跡を継いで評定衆となる、寺社奉行として寺社の管理にもかかわりました


北条家では3代(氏康→氏政→氏直)に仕え、織田信長が本能寺の変で急死した後、信濃をめぐって徳川家と北条家が対立したときには、家康の娘・督姫を氏直の正室に迎えることで和睦交渉をまとめました


1589年に北条氏と豊臣秀吉との間で対立が深まり、北条氏規とともに関係修復に努めました、この頃秀吉は江雪斎の才能を高く買いみずから茶を点てて与えたといわれています


小田原征伐による北条氏の滅亡後は秀吉に取り立てられて御伽衆の一員となり岡野と苗字を改めました、秀吉の没後は徳川家康に接近して関ヶ原の合戦では東軍について、小早川秀秋の説得をおこないました


1609年に死去

スポンサードリンク
マシェリ(MACHERiE)はコチラ