テレビドラマふぁん

真田丸22話ネタバレ 沼田裁定は信繁と江雪斎が激論の末に真田の勝利となったが

22話のネタバレです、裁定がリーガルハイな展開に!ところが出来レースだったとは


信繁と江雪斎が沼田問題で激しい談判
親バカ秀吉が離席して秀次と且元が裁定を下す
しかし秀吉と三成は密かに結論を用意していた
沼田を渡してほしいと三成が昌幸に懇願
昌幸が譲歩の代わりに火種を仕込む

スポンサードリンク


真田丸22回目「裁定」 リーガルハイな展開が燃える沼田はYAZAWAのものなのか?


北条氏政が上洛を承諾しましたが、沼田領を真田から取り上げて北条に渡すことが条件でした、そして沼田領の所有権を決める沼田裁定が始まりました


聚楽第の広間で北条の板部岡江雪斎、真田の真田信繁、徳川から本多正信が出席、裁定者として豊臣秀吉、豊臣秀次、脇に石田三成、書記の片桐且元が出席しました

沼田領が北条、真田、上杉と治める支配者が代わり上野と越後の国境にある沼田城が上野を治める上で重要拠点だったことが明らかになりました


信繁と江雪斎の舌戦は五分五分でしたが江雪斎は真田が主君の滝川一益を裏切って、本能寺の変のどさくさで汚い手口で沼田城を奪いとったことを指摘して江雪斎が優勢になりました


この指摘には信繁も困惑しましたが、ここで途中休憩が入りました、休憩時間に信繁は物置部屋にこっそり入って様子を伺っている昌幸と落ち合いました


昌幸は信繁の善戦をたたえ、昌幸が気にしているのはまだ発言していない本多正信がどういう立場を取るかでした、このような状況でも楽しめる昌幸を信繁は恨めしく思いました


休憩を挟んで再開された審議では北条、真田からそれぞれ起請文が提出された、そして徳川氏が送った起請文のどちらが有効か吟味する展開で徳川方の本多正信はのらりくらりとはぐらかします


ここで秀吉が抱っこしていた捨がぐずり始めたので、秀吉はあとを秀次に任せて去っていきました


江雪斎は徳川と真田の起請文は主従関係のある親子で約束したものに過ぎず、徳川と北条は国と国の約束なので優先度が高いと主張しました


信繁は真田と徳川で交わした起請文の日付けのほうが古く、先に約束したことが優先されるのは赤子にもわかる道理と主張しました


本多正信は家康は沼田城を北条に譲ると約束をしたわけではなく「奪い取るならスキにせよ」と伝えたのであって手柄次第と起請文に書いたとおり、北条が沼田を奪い取るの徳川が邪魔をしないことを意味すると説明しました


手柄次第の文言は且元が確認してさらに秀次が江雪斎の言葉尻を捕らえて「奪い取る」の発言は暗に沼田城が真田のものと認めている証拠で「取り返す」と言うべきだと指摘しました


こうして信繁は正信の助太刀のおかげで談判に勝利を収めました

スポンサードリンク


昌幸と信繁が勝利を喜んでいるところの三成がやってきて沼田をあきらめて北条に渡してほしいと願い出ました


秀吉は北条氏に上洛させる見返りで沼田を渡してもよいと考えていて、裁定の場を設けたのは真田の顔を立てるためでした


ところが真田が裁定を制してしまい、このままでは北条は上洛しないで豊臣と北条の大戦になってしまうと三成はすべてをかなぐり捨てて昌幸に頭を下げて願い出ました


ついに昌幸は折れて沼田をあきらめることにしました、三成は沼田領と同等の領地を分け与えるように徳川氏にかけあうつもりと申し出ました


昌幸は沼田城のそばにある名胡桃だけは真田家の先祖代々の墓があるから真田に残してほしいとウソの申し出をしました


名胡桃城が高台にあり、ここに陣取れば沼田の北条の動きが一目瞭然でわかるからです


こうして沼田領の2/3は北条のもの、名胡桃城を含む1/3は真田領となり、手放した領土と同等の土地を徳川が真田に譲ることで秀吉による沼田裁定が下されました


沼田城を明け渡すことになりましたが(NHK公式でついにYAZAWAと呼ぶ)YAZAWAこと矢沢頼綱が嫌だとごねまくります、戦って死んでいった者たちに合わせる顔がない


頼綱は沼田城の柱に自分の体を縄で縛りつけテコでも動かない構えでしたが、数人がかりで退去させられました


沼田城は北条方のものとなりましたが氏政は名胡桃で真田が睨みを利かせていることが不満で沼田に2万の兵を置きました、さらに猪俣邦憲が名胡桃城を攻撃して攻め取ってしまいました、名胡桃城代の鈴木主水は自害し、京で名胡桃城が奪われたことを知った昌幸は奪還を命じます


信繁「勝手に動いては真田も処罰をうけることになります」と秀吉に報告すべきと昌幸を止めました


聚楽第では昌幸が名胡桃城の奪回を秀吉に願い出ましたが、秀吉からは名胡桃城のことは任せてほしいと要求されました、自らの手で城を取り返すことのできない昌幸は悔しさのあまり出浦とやけ酒をあおりました


秀吉は北条氏政に文を送り名胡桃城を真田に返して上洛するように要求しました


それに対して江雪斎の助言で名胡桃城のことはあずかり知らぬことで猪俣が無断で攻撃したと詫び状を送りました


秀吉はそれでは猪俣の首を差し出すように氏政に命じましたが氏政は「応じる気はない」と返事をしました


これで秀吉は北条を攻撃する口実ができたと判断しました、さらに千利休が「ここは思い知らせてやんなはれ」とけしかけました

スポンサードリンク
マシェリ(MACHERiE)はコチラ