テレビドラマふぁん

真田丸24話ネタバレ 遅れてきた政宗は秀吉に仙台名物のあれでおもてなし

24話までの振り返り

最初に上洛した上杉景勝は秀吉から手厚いおもてなし
遅れて上洛した真田昌幸には接待はなにも無しでした
さらに遅れた伊達政宗は命がけで秀吉と面会しました

24話のネタバレ

政宗が接待を受けられるわけがありません、逆に政宗が秀吉をおもてなしします。
祝勝のお祝いに政宗が酒宴を開き用意したのは仙台名物のずんだ餅。

スポンサードリンク


24話のあらすじ

北条氏政の説得のため小田原城に潜入した信繁は小山田茂誠と出くわしました。


琵琶湖のほとりで松が死んだと思い込んだ茂誠は小山田一族と縁の深い北条氏を頼って小田原を訪ね北条氏の家臣になっていたのでした。


信繁はいい話があると松が生きていることを茂誠に伝えようとしましたが江雪斎に呼ばれて強引に連れて行かれました。


江雪斎の案内で信繁は訪ねたのはお香がたかれた氏政の部屋でした、信繁が氏政の前に出ると襖が開かれて侍たちに取り囲まれます。


江雪斎のしらぬところで氏政は北条と因縁の深い真田信繁を討ち取ろうとしたのでした。


信繁は、すでに勝負は決したこと、後はどれだけ兵を救えるかせめて持参した徳川家康からの書状だけでも読んでほしいと申し出ました。


信繁から家康の書状を受け取った氏政は家臣たちと江雪斎を下がらせ信繁と二人だけで向き合いました。


氏政が頼みの綱とした伊達政宗は秀吉に下っただけでなく、氏政の耳には入っていませんでしたが最上も相馬も秀吉方についたことも氏政に伝えました。


信繁は負け戦のときは良い知らせしか耳に入らないものとたたみかけ、北条の支城も次々と落ち、沼田城も真田が取り返したと信繁は伝えました


。 氏政は「潮時か」とつぶやきます。


信繁によると秀吉は氏政が頭を下げれば氏政と氏直の命は助ける意向とのことでしたが、氏政は命など惜しくないと言い捨てました。


信繁は徳川氏も上杉氏も真田もそれぞれ己の道に折り合いをつけて生き残ってきたと語ります。


いまこそ命を惜しむべきで氏政が意地を張れば小田原城は攻め落とされ多くの死ななくても良い命が失われるので折り合いをつけて秀吉の家臣として生き残る道を選んでほしいと氏政に願い出ました。


氏政は明確な返事はしませんでしたが江雪斎はたしかな手ごたえを感じ取りました。


城を出る前に信繁は蔵に戻って茂誠に松が生きていることを伝えました、大喜びの茂誠に信繁は松が記憶を失っていることはいえませんでした。


そして信繁は蔵の中に鉛のかたまりがたくさんあることに気がつきます、茂誠によると鉛を溶かして鉄砲の弾丸を作るとのことでした。


鉛の塊の刻印に見覚えのあった信繁は、その塊を手に入れて茂誠には上田城にくるように促してその場を立ち去りました。


小田原城では氏政が決意を固め秀吉に降伏しました7月5日のことでした、ところが秀吉は氏政と氏直の助命を条件に城を受け取る約束を反故にして氏政に切腹を申し付けました。


江雪斎は話が違うと憤りますが氏政はこれも運命と受け入れるのでした。


7月10日に氏政は髷を落として秀吉の軍門に下りました、家康は上杉景勝と真田昌幸とともに秀吉に命乞いをするように説得します。


しかし氏政に生き延びる気持ちはありませんでした、昌幸は秀吉の天下がこのまま続くとは思っていない、もうひと暴れしてみないかと問いただしましたが氏政の心は決まっていました。


翌日に氏政は切腹しました、そして氏直は出家したのち高野山に送られました。


※江雪斎は能力を買われて御伽衆として秀吉に仕えました。


信繁は蔵の中にあった鉛の塊を大谷刑部に見せました、さらに利休の出店で手に入れた扇子をひとつ差し出しました。


鉛と扇子には同じ刻印が打たれていました、秀吉の相談役の千利休が敵方の北条に武器を売っていたのでした。


小田原城の開城後に信繁は大谷刑部を連れて鉛を見つけた蔵を検分しました、鉄砲の弾を作るための鉛の出所を調べるためでしたが、


蔵の中は一足さきに利休が鉛や武具などすべて運び出した後で空っぽでした。


小田原城は落ちましたが忍城はまだ降伏していませんでした、三成は水攻めを繰り返しましたがそのたびに反撃にあい手をこまねいていました。


加勢を命じられた昌幸は小田原城から持ち帰った氏政の兜を見せて三成と信幸に奇策を進言しました。


血がついていない兜を見せて氏政は命乞いをして家来を見捨てて自分だけ助かったと噂を流します、目に見えるものがひとつあるだけで噂が噂でなくなります。


三成は卑怯な手と思いながらも昌幸にまかせるしか手がありませんでした。


出浦が兜をを忍城に持ち込み2日後の7月14日に忍城から城を明け渡すと申し出がありました。


北条方の最後の城が開城し昌幸のおかげで無駄な犠牲を払わずにすんだと三成は感謝しました、信幸は得意げな昌幸を見てなにか大それたことをしないかと心配しました。


伊達政宗は宇都宮城で秀吉に目録を渡し、領地のすべてを差し出しました。


そして秀吉をもてなす酒宴を開きました、大きな臼で餅をつき伊達政宗が仙台名物のずんだ餅をみなに振舞いました。


※ずんだ餅は日持ちがしないので冷凍技術のない戦国時代では作り置きできません

スポンサードリンク


ずんだ餅
仙台の夏菓子でゆでた枝豆をすりつぶして砂糖と塩を混ぜてお餅にまぶしたお菓子です。


豆を潰すという意味の豆打「ずだ」がずんだに訛ったもので命名者は伊達政宗公といわれています。


昌幸は政宗をけしかけて秀吉を倒そうと思いつきましたが政宗が秀吉にとりいってご機嫌を伺う様子を見て昌幸はやる気を失いました。


同席していた家康も秀吉に媚びる政宗に失望しましたが、自分も秀吉の言いなりで変わりがないと感じました。


家康は北条氏の領地を手に入れたかわりに三河・駿河・遠江の領地を取り上げられ家康は甘んじて関東移封を受け入れていました。


真田昌幸には秀吉から小県の安堵、沼田の受領そして徳川氏の与力からの解任を認められました。


秀吉は真田氏を上田に落ち着かせて家康ににらみを利かせる役割をさせようと考えていました、昌幸は突然の朗報に笑顔がこぼれ、隣で家康は苦虫を噛み潰すのでした。


伊達政宗と信繁は初めて言葉を交わしました。

信繁「氏政様は伊達様の援軍を待っていた」

政宗「生き残るためじゃ」

もう少し早く生まれていれば、もう少し京に近いところで生まれていたならば、天下を取っていたのは秀吉ではなく自分だったかもしれないと悔しさを滲ませました。

スポンサードリンク
マシェリ(MACHERiE)はコチラ