テレビドラマふぁん

真田丸キャスト黒木華の梅役のモデルは信繁の心を癒やす初恋の女

NHK大河ドラマ真田の郷の地侍である堀田作兵衛の妹です、長澤まさみ演じるきりと三角関係になります


黒木華(くろきはる) 梅役

生年月日:1990年3月14日(25歳)
出身地:大阪府
身長:164cm
血液型:B型

スポンサードリンク


出身高校:追手門学院高等学校
出身大学:京都造形芸術大学・芸術学部映画学科俳優コース
事務所:パパドゥ
受賞歴: 日本アカデミー賞・銀熊賞・日本アカデミー賞・優秀助演女優賞・ 新人俳優賞



追手門学院高等学校に在学中演繹部に所属する
1年生の時から主役を務める
京都造形芸術大学・芸術学部映画学科俳優コースに進学して演技を学ぶ
大学在学中に野田秀樹の演劇ワークショップに参加する


オーディションに合格しアンサンブルとして出演してデビューする
2014年「小さなおうち」で第64回ベルリン国際映画最優秀女優賞(銀熊賞)を受賞する
これは日本の女優では田中絹代・左幸子・寺島しのぶに次いで史上4人目の受賞でこの時の年齢23歳は史上最年少でした



【他出演作品】
NHK朝の連続テレビ小説「純と愛」
NHK朝の連続テレビ小説「花子とアン」
リーガルハイ


真田丸での役どころ
真田信繁の初恋の女性
信繁の最初の子供を産む

スポンサードリンク


梅(うめ)とは戦国の世の仲に翻弄される信繁の心を癒やしてくれる初恋の女性です
真田の郷で半農、半侍のほった作兵衛の妹です
真田家と掘田家では家の格が違う為に信繁の母親薫は梅との結婚を反対します


ところが父親昌幸は信繁と梅の気持ちを尊重して祝言を上げる事を許します
梅は真田信繁の最初の子供を産みます


黒木華さんが演じる梅、堺が演じる源次郎(信繁)さまと長澤まさみ演じるきりは三角関係になります
梅は源次郎の想いが自分にあることを自覚しています
そしてきりが源次郎を慕っている気持を知りながらもそれに気づかないふりをします


脚本家の三谷幸喜さんや監督さんからは梅という人物については「人によっては嫌味に聞こえるような事を嫌味なく言える女性」という説明を受けています


梅という人物は日々がギリギリの生活でつらい境遇にあっていて、人間の色々な面を知っているので、ともすると意地悪に聞こえてしまうような発言もさらりと言ってのけるのではいか?と想像をめぐらしています、暮らしてきた環境と言うものが梅という女性を人間くさい女性にさせたんです



第3話では信繁から桐の箱に入った塗りの櫛をもらいますが、昔の女性が櫛を男性からいただくという事はどういう意味があるのかとても気になります


戦国の混乱の時期は戦いは日常茶飯事だったのでしょうがそんな時にぽっかりと空いた時間には梅のような穏やかな癒される女性が必要とされていたんですね


戦国の武将らしく正室に側室と何人も出てくるのかもしれませんがこの梅と信繁とは政略結婚ではなく、恋愛結婚だったという点に注目してこれからも真田丸を見たいと思います

スポンサードリンク
マシェリ(MACHERiE)はコチラ