テレビドラマふぁん

真田丸27話【不信】ネタバレ・秀次がノイローゼ邪魔者扱いされた?

秀吉と茶々の間に男の子が生まれ、名前は「拾」と名つけられました拾い子は丈夫に育つとの言い伝えです。秀吉が喜びに沸く一方で、関白となった秀次はしだいに孤立していきます

スポンサードリンク


秀吉は日本を5つに分けてそのうち九州だけは先に拾に与えてほしいと秀次に願い出ました、秀次は拾が元服するまでの繋ぎの関白のつもりですべて拾に与えるつもりでした。


しかし秀次が拾を攻め滅ぼすことを恐れた秀吉が先手を打ってきたのではないかと勘ぐり秀次はあせりました。


きりは、信繁の口から秀次の側室になることを止めてもらおうと期待しましたが、信繁はめでたい事とつれない態度できりを傷つけてしまいました。


きりは寧に頼まれて秀次の娘のたかから「源氏物語」の「宇治十帖」を預かりました。このときは秀次は熱海に湯治のため出かけていて不在でした。


たかは父・秀次のことを心が弱く、自分がどう思っているかよりも他人からどう思われているかが気になると見抜いていました。そんな父の側室になることはお勧めしないときりに告げるのでした。


秀次が熱海に湯治に行っている間に秀吉は秀次の1歳になる娘を拾に嫁がせると決めてしました、このことをしった秀次はこんな大事なことを勝手に決める秀吉に不信を抱きました


秀次はノイローぜ気味になり、信繁も心配しました、そんなとき秀俊の提案で秀次は秀吉の好きな能を披露することになりました。能の指南役は名人の宇喜田秀家が努めます。


そんなとき、秀俊が毛利一門の小早川家に養子にだされることになりました。秀次は秀吉が邪魔者を排除し始めたと感じ、次は自分が同じ目にあうのではないかと恐れました。


宇喜田秀家は秀吉の言動に一喜一憂しないで秀吉にひたすら尽くせばよいと説き、秀次は気を取り直して能の稽古に励みました。


後日に開かれた酒宴で急病の秀保に代わり、秀次たちが出し物「源氏供養」を披露しました、信繁も加わって演目は終わりましたが、それを見た秀吉は関白ほかに大事な仕事があるだろうと秀次をしかりつけました。


落ち込む秀次に寧は取りつくろわずにありのままの自分を見せていれば良いのだと秀次を元気つけました。


夜に夜桜を見ながらの宴会中、朝鮮から撤退のめどをつけた石田三成が合流しました、ほろ酔い状態の秀吉が信繁に官位を与えようと言い出しました。


信繁は兄の信幸を差し置いて官位をもらうわけにはいかないと辞退を申し出ました。、ところが秀吉は策を弄して兄の分も官位をせしめようとしているのではないかと憤りますが


そのとき秀次が割って入り、官位を授けるのは関白である自分の責務だと主張しました、そして信幸についても官位の授与を検討するとその場をとりなしました。


これで秀吉は秀次のことを見直したのです。

スポンサードリンク


1594年に11月2日に聚楽第で信幸は従五位下・伊豆守に、信繁は従五位下・左衛門佐に任じられました。


ところが秀吉がうっかり信繁のお情けで兄に官位が与えられたことをしゃべってしまい、信幸が怒り出しました。昌幸も事の次第を了承しており、信幸だけが一人かやの外でした。


怒りが収まらない信幸でしたが、そんなとき昌幸は秀吉から伏見城の普請を命じられましたが、秀吉のために城を作ることに昌幸は納得がいかきません。


そこで昌幸は信幸のご機嫌取りをすることを交換条件にして城の普請を信繁に押し付けました。


信繁が伏見城の普請のため図面を見ていると、信繁の元に秀次が訪ねてきました、信繁は図面を隠そうとしましたが秀次に図面を見られてしまいました。


秀次は伏見城の図面に謁見の間が書かれているのを見て秀吉は伏見城で政務を行うつもりと勘違いして自分はもう不要になったのではないかと落ち込みました。


秀次に追い討ちをかけるように病気で臥せっていた秀保が17歳の若さ死去しました。


鶴松を3歳で亡くした秀吉は拾が3歳となった今年を不吉な年と思い込んでおり、その年になくなった秀保を許さないで、葬儀に豊臣家の親戚の出席を許しませんでした、秀保に対する秀吉の仕打ちは秀次を慄かせ、そして不安を募らせた秀次は関白の座を放棄しました


スポンサードリンク
マシェリ(MACHERiE)はコチラ