テレビドラマふぁん

真田丸28話【受難】あらすじ・秀次&信幸 腹を割って話そうヒゲの悪口

28話のあらすじです、殺伐としたときこそ腹を割って話そう!秀次と信幸が語り合う


拾が生まれて、関白秀次は居所がなくなってしまいました、追い詰められた秀次は関白の座を放棄してしまいます。秀次は下級武士の格好をして大坂城の蔵の中に閉じこもってしまい、きりがひそかに寄り添い叱咤していました。

スポンサードリンク


秀次が失踪したことを知った信繁は秀吉の耳に入る前に事態を収めようと大谷吉継に相談しました。吉継は朝鮮から帰還後に体調をくずしていると言いました。


吉継は風邪だとして信繁を迎え、体に鞭打って聚楽第へ向かいました、そして心当たりのある信繁は大坂城に向かいます。大坂城に着いた信繁はきりの元を訪ね城内の蔵に隠れている秀次を見つけ出します、信繁は秀次を聚楽第に帰そうと試みます。


そのとき蔵の外で拾と遊ぶ茶々の声が聞こえ、茶々が拾を「関白殿下!」と呼んでのが耳に入った秀次は絶望的な落ち込み方で聚楽第には帰らないと駄々をこねます


信繁は京の真田屋敷に秀次を連れて行き、信幸、薫、稲に引き合わせました。そのときの雑談で薫の父が、秀次の妻の父であることがわかりますが何故か薫はしどろもどろになってしまいました。


薫が公家の出ではないと感ずいた稲は徳川家康に文を書こうとしますが、おこうに止められます、稲はおこうが信幸の前の妻ではないかと詰め寄ります。おこうはそうであろうとなかろうと真田家を守るだけだと言い放ちました。


大谷吉継のはからいで秀次の公務はすべて秀次がはやり病にかかったことにしてすべて延期しました


こうして時間稼ぎをしましたが小早川秀俊はそろそろ秀吉に本当のことを話したほうがよいと考えていました、しかし信繁はもう一日だけ待ってほしいと頼みました。


大坂城の秀吉から呼び出しを受けた信繁はついに秀次の失踪が秀吉にばれてしまったと思い観念します。真田屋敷に戻った信繁は秀吉と会ってくることを秀次に伝え、たかから預かった包みを秀次に渡しました。


包みの中には小さなテンペラ画のセットが入っていました。秀次はその中から1枚をきりに渡すように信繁に頼みました、そしてきりを側室に迎える件は無かったことにすると信繁に伝言を頼むのでした。


不安な面持ちで秀吉と会った信繁ですが、秀吉は南蛮渡来の壷を献上されて上機嫌でした、秀吉が信繁を呼んだ理由は信繁に大谷吉継の娘・春を娶らせる縁談話しでした。


信繁はほっとした反面、秀次のことで頭が一杯だったため父と相談することを理由に返事は待ってほしいと秀吉に願い出ました。


そのころ、秀俊が石田三成に告げ口をしたことから、ついに秀吉は秀次の失踪を知ります、寧や茶々に諭されて、秀吉は思いやりを持って秀次と話し合うことにしました。


一旦、事態は収拾に向かうと思われましたが、秀次は信繁が秀吉と会っている間に信幸を連れて高野山に行ってしまいました。

スポンサードリンク


高野山の青巌寺に到着した秀次と信幸、信幸は自分も父・昌幸や他の家族に振り回されていると告白して腹を割って話し合いました。


信幸の愚痴に実感がこもっています

あまりに大きすぎる父
私の声だけがなぜか聞こえない祖母
病なのかどうなのかわからない最初の妻
決してこころを開かない2度目の妻
そしてあまりにも恐ろしい舅

信幸の話を聞いて少し気が楽になった秀次、心配ないと言ったけれど、、

秀次は真田兄弟に官位を与えたのは関白として自分が行った業績だと語り、信幸に官位を返上することが無いように念をおしました。これで信幸もふっきれて弟の信繁に感謝する気持ちになれたのでした。


秀次が高野山に入ったことを知った秀吉は、表向きは秀次に謀反の疑いで1ヶ月ほど高野山で謹慎させてから後で連れ戻すことにしました。


そして秀次の幼馴染の福島正則を使者として高野山に派遣したのでした。そのころ秀次の騒動をしった家康と家臣の本多正信は豊臣家の先行きを怪しみほくそ笑むのでした。


使者の福島正則が高野山に到着しましたが、その朝に秀次が自害をしてしまいました、秀吉は自分の情けを踏みにじったとして怒ります。そして秀次の首を三条河原にさらし秀次の妻、子供、側室や侍女まで30人以上を処刑してしまいました。


そのころ、秀次の娘・たかが聚楽第の一室でひそかに隠れていました、たかを見つけた信繁はたかを側室にすることを条件に大谷吉継の娘・春と結婚を受けたいと秀吉に願い出ました。


秀吉の許可は得ましたが、いつ秀吉の気が変わるかもしれないと思った信繁はたかを呂宋助左衛門に預け、たかを乗せた船はフィリピンに向けて出航しました。

スポンサードリンク
マシェリ(MACHERiE)はコチラ