テレビドラマふぁん

真田丸キャスト近藤正臣の本多正信役モデルは家康を天下取りに導いた名参謀

NHK大河ドラマでは真田家に翻弄される徳川家康を支えて卓越な策を授けて行きます

近藤正臣(こんどうまさおみ) 本多正信(ほんだまさのぶ)役

生年月日:1942年2月15日(74歳)
出生地:京都府京都市
血液型 :O型


他に出演した役
1970年NHKの大河ドラマ「樅ノ木は残った」で端役を演じる
NHK朝の連続ドラマ小説「あさが来た」広岡正吉役
柔道一直線で主人公のライバル役結城真吾役を演じる

金鳥「キンチョウリキッド」のCMでも着ぐるみを来てひょうきんな狸や河童を演じて好評でした
NHK大河ドラマ「国盗り物語」「龍馬伝」など9作品に出演しています
昨年末までは現在放送中のNHK朝の連続ドラマ小説朝ドラ「あさが来た」

スポンサードリンク


近藤正臣さんは趣味が広い、釣りに陶芸


真田丸での役どころ
徳川家康の参謀役
真田家との対決を指南する

本多正信とは最初は鷹匠として徳川家康に仕えていましたが、三河の一向一揆に加担して出奔します
帰参後には、第一の側近として角頭を表します



真田家に翻弄される徳川家康を支えて卓越な策を授けて行きます
徳川家康の信頼が熱く、二人の関係やしばしば「水魚の交わり」と例えられる程少しの言葉のやり



取りで理解しあうことができたとされています
徳川家康を天下取りに導いた名参謀です



本多正信役を演じる近藤正臣さんは幼い頃には立川文庫が刊行した「真田十勇士」を夢中になって読み漁っていました
雲隠才蔵にあこがれていたそうです
そのため「真田」と聞くとその頃の記憶が蘇ってきてワクワクするそうです


そんな経緯があり、「真田丸」へ出演以来が来た時にはあの「真田だ!」と舞い上がったとか
舞い上がった気持に反して出演を打診されたのはんあんと真田の敵方の武将・本多正信だったのです


NHK大河ドラマの撮影が始まるには「徳川を出奔して、真田の家臣になりたい」と思っていたというエピソードがあります

スポンサードリンク


近藤正臣さんは本多正信に関しては「徳川家康の軍師的な存在」という多少の知識は持ちあわせていたそうですが改めて本多正信について書かれて本を読んでも詳しい事は解らなかったそうです



仕方が無いので脚本から見えるものだけを頼りに行くしか無いだろうと腹をくくり、その後は史実に残っている本多正信を探る事は一切しなくなり撮影に臨んでいるとか



脚本に頼って演技をするにあたり実は三谷幸喜さんの脚本にはト書きがなく、もし脚本をサラっと読んでしまうとミスをおかしそうになるとか



話し相手とそのこ飛ばを聞かせたい人物とが異なるシーンではたいていの脚本家の方はト書きで明記してあるそうですが、三谷幸喜さんはこの部分をお書きにならないそうです



役者としての近藤正臣を信用しているからあまりト書きがないのでは?とおっしゃる方もいますが此の世の中はそんな信頼と善意のうえで成り立っているのもではないと思う


脚本家の三谷幸喜さんからは「この芝居はなんですか?」と指摘されても癪に障るので脚本を一生懸命読み込んでいます


脚本家の意図を探りつつ演じる過程を楽しみながらその要求を超える演技をしたいとか
昨年末までは朝ドラ「あさが来た」でヒロイン「あさ」の嫁ぎ先、大阪の豪商「加野屋」の大旦那様を演じ、深い演技を見せて他の出演者を唸らせていたという近藤正臣さんの演技から目が離せませんね

スポンサードリンク
マシェリ(MACHERiE)はコチラ