テレビドラマふぁん

新納慎也(にいろ)が語る真田丸の撮影裏のエピソード

NHKスタジオパークに出演・真田丸で豊臣秀次を演じる新納慎也(にいろ)さん昨日の放送で関白になったばかりです


真田丸では薫役の司会者が色々質問します
新納慎也(にいろ)さんの名前の由来は?
島津藩(鹿児島)にいた新納良源藩主の末裔です
世が世ならちょんまげしてお殿様です

スポンサードリンク


NHKには17年ぶりの出演です
41歳になったばかりの新納
若いと言われる事が多いがおとなとしての魅力に欠けるのでは?
フワフワしているみたいに思われるのが嫌だとういう

髭をはやせば?
ヒゲが生えないという

豊臣秀次ってどんな役ですか?
繊細な役でした
演じる上でバランスが難しい人でした
でも演じててすごく楽しかったです

真田丸では秀吉の甥である秀次
子が無い秀吉の跡を継ぐ事を期待されていました


何がわかるか?
はい
いろんな事がわかります
もうよい!

秀吉の跡を継ぐべき関白になりました
茶々がまたやってくれたぞ

太閤殿下の喜ぶ顔が目に浮かぶと北政所は喜ぶ
その声を聞いて無理やり喜んだ顔を見せる秀次です

オファーの時のマル秘情報とは 最新の研究による人間味のある真田丸
三谷幸喜さんから
最初オファーがあって
0コンマ秒で返事しました

NHK大河ドラマの出演の営業に行った時には鉄砲持ってる外国人の役ね~と突き返されたという

でれるのは来世で・・・と思ったそうです
そう思ったので今回のオファーは本当に嬉しかったそうです
主演者発表の時はとても緊張しましたが
山本耕史さんが舞台みましたよ!と声を掛けてくださって直ぐに皆さんと打ち解けました
今回は舞台出身の方が多くて助かりました

ここで質問です
新納さんが秀次で思いれのあるシーンは?
威張るシーン
無きのシーン
ほろ酔いのシーン
どれでしょうか?


答えは?昨日のシーンを振り返ります

悲しみに苦悩すル様子の豊臣秀次をそっと見守るキリ
秀次は自ら涙の理由を言うのでした・・・
息子を亡くしたからではない
我が身を呪っているのだ

私の腕の中で息子が息をひきとった
息子の顔を眺めホットした

これで叔父上に睨まれなくてすむ
息子の死に顔をみながらそう思った

許してくれ
この不甲斐ない父親を許してくれ~
秀次の顔は涙にまみれているのでした


新納慎也(にいろ)さんが解釈をします
舞台はストーリー通りに進行していますが
テレビは直前まで金槌でカンカンとやってる状況で泣くなんで無理

撮影直前まで他の事をやっているのです
急に泣けと言われても無理でしょう


現場で最近言われるのは・・
あんなに笑っていた秀次が最近どうしたの?難しい顔ばかりして!
と言われるのが悩みとか

ここに来週と再来週の豊臣秀次の運命が垣間見えるのではないでしょうか?

スポンサードリンク


新納慎也(にいろしんや)さんのプロフィール
1975年兵庫県神戸市生まれ
よく泣いていたらしいです
目と眉毛の近さは赤ちゃんの頃からかったんだと思う


お母さんが言うには
あんたはどこに出しても恥ずかしくない可愛い顔やったのに
少五くらいに大きくなったら顎の伸びる呪いがかかったんや~と言われました


16歳の時にスカウトされてモデルになりました
学生服のモデルになりました
両親には内緒です
上京して、人気モデルになりました

オープニングのモデルにもなりました
あるショーのモデルをしてモデルを辞める事を決意
トップで出演するので決めポーズをしたら、服にシワがいくからまっすぐ立っててくれて良いと言われました。

僕のなりたい事は、内なる思いを表現する人になりたいんだと思って役者を目指しました


NHKの歌のお兄さんに選ばれます
人気番組のお母さんといっしょにでてくる「にこにこぷん」


なんとオーデションの日に寝坊して遅刻しました
歌は北風小僧の寒太郎と決まっていました
二人でフリートークをしてからお決まりのタイトルを言ってから歌を歌うというオーデションだったんです


そこで
最近は寒くなってきましたね~
今日はなかなか寒くて布団から出れなくて
寝坊しちゃったよ~
そう言って歌を歌いました


このやろうネタにしやがって!
と言われましたが合格しました
「にこにこぷんがやってきた」ではじゃじゃまると一緒に写真に収まっています

他は、購読誌では毎回いろんな職業に扮しますがやるならと徹底ぶりを披露しています


ここで一曲披露します
作詞作曲も手がけた
「10年愛」
NIROCK


視聴者からの声です
きらきらした目が魅力的
黙らないこわっぱ!
抱えている悩みをみせない
永遠の王子様と賞賛されました

普段は知らないNHK大河ドラマの舞台裏や役者さんの本音や苦労話が聞けて本当に良かったです
スポンサードリンク
マシェリ(MACHERiE)はコチラ